無料ブログはココログ

トップページ | よくそんな気になったものだ »

2007年2月14日 (水)

私の「道」

 このところどうも古い映画が見たくなっていて、先週、モノクロの「ハムレット」(英語に決まってると思ったら、なんとロシア語の映画だった!1964年製作)を見たのに続き、昨日はフェデリコ・フェリーニの「道」を見た(1654年製作)。20年くらい前に同じ監督の別の作品を見て、内容がわからず、ついていけないと途中で挫折したけど、同監督に再チャレンジ。見て、もう圧倒された。モノクロ映像の美しさ、役者の表情の印象の強さ、メッセージの太さ。ハッピーエンドであーおもしろかったという娯楽のための映画とのインパクトの違いに、なぜ?と不思議に思えるほど。シンプルなメッセージえの力強さなのか。決して美人ではない(だろう)ジュリエッタ・マシーナが、冴えない田舎娘からどんどん輝いて内面の豊かな女性に成長していき、最後は悲劇で幕を閉じる。芸術作品と言ってしまうと簡単だけど、決して、芸術として考えて作ったのではなく、あの監督が自分の表現として気持ちをこめたらああなったんだろうな。

 自分の表現ってなんだろう。これまで、時間に追われて自分なりに必死だと思ったけど、時間の使いかたが下手とか、実はひとりよがりで忙しがっていただけと気づいた。自分は何をしたいのかを真剣に考えてきていないんだなあ。積み重ねてきたつもりだったけど、それも自己満足の程度。そもそも目標がないに等しい。こんな状態に気づいて仕事をしていたら、とてもみじめな気分だった。こんなのはいや!いまからでも自分は何がしたいのだろう、何を表現したいのかみつけて消化したい。40代で考え始めたといったら笑われてしまうだろうが、これが私の歩みでひとつの現実。まわりを見れば焦ることばかりだけど、「けっこう私っていいところあるじゃん」て思える瞬間が増えますように。 

トップページ | よくそんな気になったものだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/13822731

この記事へのトラックバック一覧です: 私の「道」:

トップページ | よくそんな気になったものだ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31