無料ブログはココログ

« 日程確定 | トップページ | いよいよ! »

2007年3月21日 (水)

将棋二日目の悟り

 今日で、小5の息子と将棋を始めて2日目だ(たったの)。私はこれまで、まるっきり将棋とか囲碁とかをやったことがなく、マージャンも学生時代に教えてもらったものの30分で挫折。こうしたゲーム類に体質的に向いていないと思っていたけど、少しは息子の相手をしたいなと前々から思っていたのと、せっかく誘ってくれるのでいい機会かもと思い、誘いに乗ることにした。あさっての祝日に教えてねと言ったのだが、彼はコマを並べて、私の電話と皿洗いとお風呂が済むのをじっと待っていた。ちょっとこれまでの息子にない静かなる強引さに半分驚き、ともかく初めてみることになった。

 家にある将棋のセットは、まあ、ちゃっちい、安っぽいセットだ。なんか、旅行のときに小さい将棋のセットを嬉々として持ってきたクラスメイトのことを思い出してしまった。私もこれで仲間ね。

 実は私は、まだルールをよくわかっておらず、特に私は、コマの役割がすんなりと頭に入らない。確かこうだったなと推測で打ち、どんどん取られてしまった。神経衰弱のときのような得意顔だ。悔しい~

 今日は、どのコマがどう動くかを色つきボールペンで、さらに成った場合は動きがさらに加わることをわかりやす~く書き込んだ必殺メモを用意して取り組んだ。こういうことは任せて! で、このメモをしょっちゅう見ながらゲームをすすめ、我ながらご隠居さんみたいだった。でも、負けたくないからどう思われてもかまわん。

 結局、今日もかなり追い込まれたけど、1時間やってもぜんぜん終わらない。久しぶりに、時間が飛ぶように過ぎていく。昨日はコマの進め方を確認するような打ち方しかできず、無駄な進め方をしたけど、今日は、意味のある打ち方をしようと、ていねいに考えた。まだまだゲームの進み方が体でわからないので、けっこうマヌケなことをしてしまうのだが、それでも何とかできないかと考えて探しながら打つと、数手あとには私が有利になっていたりする。でも、先を読むようなやり方は全くできていない。その日暮らし状態。

 息子の相手をするといいながら、実のところ、自分のためになっていそうだ。普段、いろいろなことを考え、判断しているつもりでも、いろんな角度から、何度もじっくり、あーでもないこーでもないと粘るようなことはしていないと思う。もしかしたら、善悪、損得、本音建前といった二重構造にとらわれていることに気づかず、目先のことに合わせて決める、あるいは選んでいるのを考えていると錯覚していただけかも……。

« 日程確定 | トップページ | いよいよ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/14332867

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋二日目の悟り:

« 日程確定 | トップページ | いよいよ! »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31