無料ブログはココログ

« ドリームガールズ | トップページ | 割り切れない気持ち »

2007年3月 7日 (水)

英語学校での授業(前編)

 イングランドに到着した私は、一週間、英語学校に通うことになった。正確に言うと月曜から金曜までだからたった5日間。一週間の授業で英語力がどうなるなんて期待できるものではないのは自分でもよくわかっていたが、とにかく受けてみたかった。

 小規模校を選んだため、学校はホント小さかった。1階に受付、談話室、資料室があり、2階に3つほど教室があるらしかった。1時限は90分1コマで、午前中の2コマを5日間受けたので、総15時間。もたもたしている場合ではない!

 初日は、まず筆記試験を受け、クラスを振り分けられた。思ったよりぜんぜんできなくて、当然、初級者コース。こんなものだ。気負いはなかった。

 指定された教室に行くと、先に一人来ていた。クラスメイトである。彼女は中国人で、上海から来ているという。とても愛想がよく、日本のことも質問してくる。イングランドにウェルシュ人の恋人がいるとかで、どうしても英語がうまくなりたいという。初心者同士でも、何とか話はわかるから、不思議なものだ。

 初めての授業が始まった。先生は若い女性で、カナダ出身という方。笑顔がとってもキュート。で、授業が始まると、上海の彼女が、ちょっとの質問に対してべらべらしゃべるしゃべる。すごーい!と、私は身が縮んでいくようだった。こんなにしゃべれるのに初級なんて! 彼女はどんどんしゃべり続け、先生も楽しそうに相手をしている。これじゃ私はまだまだだなと思い、会話にも入っていけないし、片や、まあこんなものかと開き直ってもいた。

 翌日。英語学校二日目。また、私と上海の彼女との二人でのクラスだ。けっこう贅沢かもと思っていたが、クラスメイトは相変わらずの調子。さらに元気によくしゃべる。でもそのうち、その内容が、先生の質問とは関係のない、自分の話したいことを機関銃のように話していることに気づいた。しかも、先生が授業を進めようと話を制止しようとしても止めない。これはなんか違うと思い始めた。

 3日目。上海の彼女が来ない。ワオ、今日は個人教授だ、でも一対一なんてどうしようと緊張しているところに先生登場。初顔の若者だ。でも、話し始めてわかった。彼女、サボったんだ! 残念ながら、その先生は、イングランドにもこんなにモテなそうな人がいるんだと納得できるほど、いろんなところがカッコ悪い。物腰がちょっとゲイっぽくて、「ちょっとしっかりしてよ!」といいたくなるような頼りなさ。さらにはユーモアがないのが最悪。授業の中で、ヒントを出し合って何のことを言っているのかを当てるというゲームがあった。そのひとつのお題がにんじん、carrotで、私はヒントを出す番だった。オレンジや赤や黄色があるとヒントを出したが、結局わからず、あとから、「イングランドではにんじんはオレンジ色だ」と真っ赤な顔で主張する。「日本ではオレンジが多いが黄色も赤もある」とがんばったのだが、通じない。つまんないヤツだあ。

 その日、2コマ目に彼女登場。で、またまた別の先生が登場したのだが、なんと、be動詞の活用を教え始めた。「え~、中一レベルじゃん」とがっくりきた。しかし、上海の彼女、まるでできない。べらべらしゃべるのに、文字では理解できないようだ。読むのもとても苦手な様子で、中一レベルの単語が、話せるけど読めない。アーウーと困っている彼女のために時間は刻々と過ぎていく。その脇で私は、「こんなクラスにいる場合じゃない!」と心で叫んでいた。あと二日しかないのに、自分のために時間をさいてもらえない。これは直談判するしかないと決意した。

« ドリームガールズ | トップページ | 割り切れない気持ち »

イングランドプチ遊学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語学校での授業(前編):

» ホワイトデー、本命からのお返し期待額は8,893円? [裏話どうでしょう。]
なあんて調査結果があるらしい。でも、まあ、「本命」ってことはもう付き合ってる間柄?ってワケで。まあ、クリスマスや誕生日に続く新たなアニバーサリー(記念日)ってとこかな?それじゃ、義理チョコのお返しをホワイトデーでする男子たちはどうするのよっ!・・・もう、オバサンは介入できない世界。。好きにしてチョーダイってカンジ。。... [続きを読む]

« ドリームガールズ | トップページ | 割り切れない気持ち »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31