無料ブログはココログ

« ちょっと悲しかった食事 | トップページ | 先生のつうしんぼ »

2007年3月 2日 (金)

やっとスタート

 地元のサッカーチームに入っている小学5年の息子が、この春、チームをやめることになった。下級生にレギュラーを取られてもちっとも悔しくない彼。一応勝気な私からすると不思議で、「何で悔しくないんだろう」と思いながらも、家でビデオやゲームに熱中しがちな彼が体を動かすにはちょうどいいと、続けさせていた。見るからにあんまり運動神経がよくないと親もわかっていたけれど、それでも、嫌と言わないので、気にしないでいた。

 でも先日の試合が終わったとき、コーチに面と向かって言われた。「お母さんの前で言うのもナンだけど、君は甘すぎる。このままじゃ、中学に入ったら苦労するぞ」。とうとう言われてしまったかと内心ショックだった。でもなあ、負けても悔しくないし、コーチにいろいろ言われても気にしないし、当然練習も、どう見ても精一杯やっているように見えないのに本人は「がんばってる」と言い張る。当然といえば当然の言葉だった。

 でも、もっとショックだったのは、家での会話だった。「コーチの言っている意味わかる?」「わからない」「じゃ、考えてみて」「わかった」と、本人の意思のないまま、チームに参加させていた状態に気づき、自分がこの子の言葉を奪っていたのかも知れないと感じた。ただ、チームが、勝つためのチームというより、みんなで仲良くやろうというスタンスだったため、私は安心しきっていた。でもそれは低学年の話。高学年になり、それぞれの子供の実力や意識に差が付き始めていて、親も子供の特性にあわせて行動し始めていた。

 友人に相談したら、「一度サッカーから離してみなよ」「○○のチームは、練習がもっとゆったりしたチームだからそっちへ入ったら?」など、いろいろな角度からアドバイスをもらった。聞けば、どのお母さんも、自分の子供の居場所を作ったりやりたいポジションを取るために、他のチームを検討したり、コーチに希望を伝えたり、2チームかけもちで入って練習もしているとか。驚いた。情けないくらい私がのんびりしていたのだが、ほかのお母さんたちの熱心さというより、自分の子供を見極めようとする姿勢に、親じゃなきゃできない思いに感服したのだ。その友人は、スポーツで高校を選んで進路を決めた娘を持っていて、説得力があった。「5年、6年は大事な時期。中学でレギュラー取れるかどうか現実が見えてくる。うちの場合も、息子が行く中学でどうしてもレギュラー取りたいなら、やりようを考えないと。いまのままじゃなれないって言ってある。どうしたらいいか、本人と話し合っているところよ。だから、思い切ってやめて、ほかのことに時間を遣うことも大切な決断だと思うよ。子供にとって充実した時間の使い方をするためにも。でも、いまから始めればいいのよ。その子にとっていまがスタートだよ。」

 翌日、「何かやりたいことある?」とたずねたら、「自転車、あとボール投げ」と元気な声が返ってきた。まだ彼は、スポーツという意識もないのだ。さまざまにからだを動かすことをトライしたい様子。「じゃ、サッカーやめよう」と問いかけたら、「うん」とほっとした表情を見せた。サッカーにこだわる必要はなかったんだ。嫌いじゃないけど、もっとほかに好きなものがあるんだ。だから怒られてもちっともこたえず、下級生にレギュラーとられてもくやしくもなかったんだ。

 もっと好きなことを探すところから再スタートすればいい。そう思ったら私もほっとした。サッカーをやってきたこの4年、何をやっても遅くてベンチで、そんな子の親である私は、誰も何も言わなかったけどとても辛かった。でも、彼は疑いもせずサッカーを続けながら、言いたいこともいえないでもっと辛かっただろう。ごめんね。

 でも彼には他の面で前向きのところがある。今日も、通っている公文で4月に学力テストがあるのをみつけ、「ためしにやってみる?」と聞いたら、「やってみる!」だって。私にはない度胸だ。学校の成績はぼちぼちだけど、でも、でも、彼のよさはもっと芽吹いてくるよね。それを大切に育て、自信を持たせ、晴れ晴れと笑ういい顔を見たい。やりたいことをやりたい、やりたくないことは嫌だと堂々と言える環境を作ってあげないと。

« ちょっと悲しかった食事 | トップページ | 先生のつうしんぼ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/14097446

この記事へのトラックバック一覧です: やっとスタート:

« ちょっと悲しかった食事 | トップページ | 先生のつうしんぼ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31