無料ブログはココログ

« 男の子を伸ばす母親はここが違う! | トップページ | デビューコース3回目 »

2007年5月 1日 (火)

仕上がりは遅いけど、職人根性はぴか一

我が家に出入りしているクリーニング屋さんは、かれこれ5年くらいのつきあい。それほど多く利用している上客ではないが、我が家に来るたびにクリーニング界のいろいろなことを教えてくれ、気のついたことを話してくれる。生地の変化、洗剤の値上がり、大手チェーン店のやり方、職人同士の結束、はたまた大学生のワードローブ。衣食住と言うように、衣類も世の中や生活を語る大きな存在なわけだ。

一番気に入っているのが、職人として、絶対汚れを落とすという気合が入っていることだ。大手チェーン店に頼んでいたときは、汚れが落ちなくても、プレスが甘くても、いつも「最近の繊維はこうなんですよ」と生地のせいばかりにしていた。なんか違うと思い、クリーニング店を変えたのだけど、この人は違う。落ちないと絶対言わない。ちょっと仕上がりに時間はかかるけど、これぞ職人魂と、いつもいつも思うのだ。

« 男の子を伸ばす母親はここが違う! | トップページ | デビューコース3回目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/14915056

この記事へのトラックバック一覧です: 仕上がりは遅いけど、職人根性はぴか一:

« 男の子を伸ばす母親はここが違う! | トップページ | デビューコース3回目 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31