無料ブログはココログ

« 2号脱稿、完成! と同時にマヌケな悲劇が | トップページ | グラニーバッグ »

2007年7月20日 (金)

腰痛

おととい傷めた腰がどうにもならず、仕事が控えていたんで、思い切って病院に行ってきました。仕事がなけりゃ自然治癒を待ったんだけど。私のせいで穴をあけるわけにもいかないし、深夜撮影を乗り切る自信がなかったので、大げさかなと思いつつ、近所の外科へ。

結局は、早く直す方法はなし、時間が解決、とのことだったけど、コルセットをつけ、痛み止めを飲んだら、ずっとラク! 座っていられるのかしらと心配した電車も、堂々と十分に居眠りして充電オッケー。仕事中も、緊張で、撮影が終ったら、「腰、痛かったんだっけ」と思い出した次第で、その程度の痛みだったんだと思ったり、いや、薬のおかげだと思ったり。ともかく、撮影する料理を作っている間は、レシピを間違えず聞き取ることに必死で、痛みを感じている場合じゃなかったんだけど、いやはや、昨日家で悶々としていたことを思うと、ウソのよう。

仕事がなければ、病院に行くつもりはなかったし、自然治癒を期待できたけど、レントゲンを撮って思いもよらないことをいわれたのです。「脊椎分離症の疑いがある」って。深刻そうな名前ですが、だんなが以前、同じ先生から、その症状があると聞いていたので、まあ日常生活に差し支えないという意味でびっくりはしなかったけど、自分も!というのにはびっくり。

脊椎の最後の方の骨に、ヒビがはいっているとかで、先生によると、10人にひとりはこの症状があるとのことでした。子供のときに無理をして脊椎に負担をかけたのが原因らしいって。だんなに報告したら、「俺が行ったときは、100人に1人じゃなかったかなあ」だって。「じゃ、メジャーになったわけ?」「わからん」「100人に1人でも10人に1人でも、うちは2人に2人だから、どうでもいいけど」「そうだな」

先生によると、後ろに反るときに、特に痛みが出るそう。これまでのところ自覚症状はないけど、今後、テニスをやるときは、後ろに反る動き、特にサーブとかは、張り切りすぎないように気をつけようと思った。

診察に3000円もかかっちゃって、高いなあと思ったけど、今後、体をこわさないようにテニスを楽しむためには、今回、わかってよかったのかな。

« 2号脱稿、完成! と同時にマヌケな悲劇が | トップページ | グラニーバッグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/15818955

この記事へのトラックバック一覧です: 腰痛:

« 2号脱稿、完成! と同時にマヌケな悲劇が | トップページ | グラニーバッグ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31