無料ブログはココログ

« お見舞い | トップページ | 順調に治ってきました »

2008年5月13日 (火)

残しておく書類

先日、仕事で和食の先生の自宅へ伺い、撮影をしていたときのこと、途中で奥さんが、「来たぁ」と言って郵便物を持って部屋に入ってきた。先生の年金お知らせ便だった。

「ほうほう」と言いながら、撮影を中断して先生は開封。そしたら、やはり、抜け落ちが見つかった。私の同世代でも、結婚前の記録が抜けてるなど事例が続々あるので、もう、ほとんどの人に間違いがあるのではないかと思えてくる。私のところにはまだ来てないが。

「やっぱり、ダメでしたね」と先生は言いつつ、ニコニコ。この先生、記憶力がほんとによく、それで自信があるのかなと思ったら、すっと脇の部屋に引っ込んで年金手帳を見せてくれた。

なんと、すべてに領収書が貼ってある。「ぜーんぶとってありますから、こうやってね」 なるほど、不安はないわけだ。

聞くと、国や県や市など、要は「お上」が扱ったものはすべて保存しておくようにという、すでにお父様からの言いつけなのだそうだ。戦争を経験した世代ゆえ、いざとなったら、国は国民を守る気はないことを骨身にしみていたということ。戦時中、国民をだましているじゃないか、とよくおっしゃったそうだ。

悲しいけど、年金とか、政治家の不祥事などみると、絶対に国民のことなど考えてないだろうなと思い当たる。だったら、それに騙されるな、か。

私の年金の記録、どうなっているだろう。社員時代だったときの給料明細、保存してあったかなあ。かなり不安。残ってたら、絶対捨てません。しかし……

« お見舞い | トップページ | 順調に治ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/41193431

この記事へのトラックバック一覧です: 残しておく書類:

« お見舞い | トップページ | 順調に治ってきました »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31