無料ブログはココログ

« 久しぶり過ぎる接待の食事で | トップページ | 電車の中で »

2008年11月11日 (火)

棺に入れるもの

筑紫哲也さんが亡くなり、一時、ジャーナリズムを勉強していた者としては、キュンとなる思いだ。ひとりよがりになっていない話の仕方がステキだった。

彼の葬式の際、奥さんが、棺にタバコを入れなかったと報道されている。そうなのか。

私は逆だった。私の父は酒が原因で寿命を縮めたけど、棺には、紙パックの小さい日本酒を、葬儀屋さんがいいというぎりぎりの量(といっても、4~5つくらい。火葬場で、あれこれうるさいそうだ)を入れた。本人が好きだったから、もっと入れたかった。

葬儀屋さんのスタッフの女性に、同様に酒が原因でご主人を亡くした方がいて、その方がきっぱりと、「いまも仏壇にお酒はあげないんです」と言っていたことを思い出す。それを聞いたとき、自分の逆の考え方なのだなあとはっとしたのを思い出した。

私は甘いのかなあ。意思が弱いのかなあ。死んでしまったら終わりだとわかりつつ、好きなものを止めさせることに関しては、あまり強い気持ちで言えない。本人が本当に止めたいとがんばっているのなら協力するだろうが。いまも、母と、「止めなさいってもっと早く言っても、きっと止めなかったよね」と時折話をする。実際、母は、ずっと言っていたし。

棺には、本人の生前に好きだったものをあれこれ入れたけど、ホントは、もっと違うものを入れて欲しかったかも知れないと、いまも思う。コミュニケーションがとれていなかったことがとても悔やまれる。

« 久しぶり過ぎる接待の食事で | トップページ | 電車の中で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/43079942

この記事へのトラックバック一覧です: 棺に入れるもの:

« 久しぶり過ぎる接待の食事で | トップページ | 電車の中で »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31