無料ブログはココログ

« TN君の伝記 | トップページ | やっと決めた »

2009年5月 1日 (金)

お気に入りの魚屋さん

最近銀行に行くときは、最寄の支店ではなく、二つめに近い支店に行くことにしています。お目当ては、駐車場の隣にある魚屋。銀行を利用すると、駐車場代がタダになり、駐車場を持たない魚屋を利用するには、ちょうどよい組み合わせです。

ここに住んで以来、ずっとよさそうな魚屋を近くで探していたものの、なかなか気に入った店がなく、いつもスーパーの鮮魚コーナーで買い物をしておりました。それはそれで別に困らないものですが、どうしても買う魚が決まってしまいます。作ってみたい魚料理に挑戦し、結局は失敗して高い買い物になった経験も多々あり、魚を買うのは難しいとずっと思っておりました。

料理の本に関わる仕事をしているのに、現物としての魚を知らない、せっかく小田原に近い町に住んでいながら、地元の魚を知らない…どうにかしたいと思っていたある日、ふと、銀行に寄ったついでにのぞいた小さな魚屋さんが、すごく頼りになることを発見しました。fish

小さな小さなお店で、70代くらいのお父さん、40代かなあ息子さん、60代くらいのお母さんのいわゆるさんちゃん商売。「これどうやって食べるんですか?」「煮魚にしたいんですけどどれがいいかしら」など質問すると、待ってましたと食べ方やおすすめの魚を教えてくれ、用途に合わせて目の前で下ごしらえをしてくれる。相手はプロですからいろいろなことを知っていて、手際もよいのは当然なのですが、スーパーに慣れた身には感動なわけです。お値段は、スーパーより高いけど、目下、ハズレなしなので、情報量込みで、お買い得に思っております。

冬など、冷たかろう真っ赤な手で庖丁を握り、冷たい水をざんざん使って素手で作業している様子を見ると、“仕事をする”原点を見る思いがします。申し訳ないなあと思いつつ、その作業を見るのも好き。

私が「このカレイ、から揚げ用に」と注文したときは、隣にいた主婦が、「そうか、から揚げって手もあるわね」とブツブツ。思わず顔を見合わせて笑いました。今日のおかずを何にするか、いつもみんな店頭で悩んでるんだなぁ。

先日は、氷見のヤリイカ、時ジャケを買ってきました。「このイカ、やわらかいから、煮ても茹でても、炒めてもいいよ」 「この時ジャケ、値段は高めだけど、珍しい国産よ。スーパーのチリ産のとは別のおいしさだよ」

勧められるまま、勧められたように調理するアイデアに乏しい私ですが、家族の評判は毎回上々で、食卓は「うま~い」「こんなやわらかいの初めて!」「いつものサケと違う。あしたおにぎりに入れて!」とおいしいコールでお祭りのようににぎやかです。その日は、今シーズン初の新じゃがのじゃがバターも絶叫ものの大人気で、いやはや、シンプルな材料と調理法ながら、旬の恵みに感謝したのでありました。

「本当においしいのかな」と期待でワクワクしながら魚を料理するようになり、少しずつ魚の名前や調理法を身を持って覚え、魚料理の楽しみが、ちょっとずつ広がりつつあります。料理本を作っている立場ですが、料理本を読むだけでは得られない、直接教わることの大切さに、敬意を表します。

« TN君の伝記 | トップページ | やっと決めた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/44856809

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りの魚屋さん:

« TN君の伝記 | トップページ | やっと決めた »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31