無料ブログはココログ

« 荷物を運ぶということ | トップページ | 守り人シリーズ »

2009年6月 8日 (月)

渋味さえなければ

いま我が家のベランダにすてきなゲストが。

ジャジャ~ンnotes

09_05_3106_07_167

グミの実とグミの枝です。

実はヒマたねと共に盛り、枝は植木鉢の片隅に差し込み、野鳥さんおいでおいでセットとしてみました。

これは、だんなが実家からもらってきたもの。この春、遊びに行ったとき、グミの木を見た息子が、義母に「実が成ったら教えて」とたのんでいたとか。毎年、野鳥に全部食べられてしまうので、その前にと、義母は毎日様子を見て、鈴なりの状態で持たせてくれました。

実は私はグミの実を食べたことがなく、初挑戦。渋くて甘いという悔しい組み合わせに、地団駄を踏んでおります。

「いまどきの子は、こんなもの食べないでしょうに」との義母の言葉に反し、わが息子、どうにかおいしくする方法はないかと、「砂糖漬けにして」とオーダーしてきました。そこまでして食べようとするのかと、半ばあきれています。

ネットで調べたら、焼酎漬けにして渋を抜くか、ジャムにして煮て渋を抜けば味わえるようです。結局、どちらも面倒と、砂糖をまぶしましたが、タンニンが砂糖で抜けるとはとても思えません。ま、いいか。

いまのところ、chickは何も来ません。。。。

« 荷物を運ぶということ | トップページ | 守り人シリーズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱりグミでしたか。
そこいらを歩いていて、時に真っ赤な実を沢山つけた
木を見ました。これは何だったかな?と思ってた。

私は野生児だったので、グミだけでなく、木苺、桑の実
などもよく食べました。
もちろん、とってその場で食べるので洗うなんて事はなし
近所の友達の家の庭にグミの木があって、競うように食べましたが、その子のお母さんに「食べ過ぎるとお腹を壊すよ」とよく言われました。
でも、お腹を壊した記憶はありません。

甘くて美味しかったような気がする。
種類が違うのかな?

時々朝の散歩をする時に、木苺を探していますが
なかなか見つかりません。寂しいな。

グミはこの歳にして初めての経験でしたが、木苺や桑の実は私にとっても大事なおやつでした。特に桑の実は、口の周りまで紫にして食べたっけ…

グミは渋くて甘い味だと、さまざまな家のさまざまな実を(たぶん黙って)食べてきたダンナが言うので、大方はやや渋味があるようですよ。種類が違うのか、土が違うのか、甘くておいしかったなら、貴重なグミだったのかも!

子供情報によると、近くに、ブルーベリーとビワとイチヂクの木があり、試食済みとのこと。今度、木苺についても聞いてみることにします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/45276348

この記事へのトラックバック一覧です: 渋味さえなければ:

« 荷物を運ぶということ | トップページ | 守り人シリーズ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31