無料ブログはココログ

« やっと慣れてきた兆しが | トップページ | 知人のガラス展へ »

2009年7月20日 (月)

7月中旬

暑さが小康状態。とてもうれしいことです。マンション最上階の西角部屋の我が家。自慢じゃありませんが、すごく暑いです。

その暑さを少しでも緩和できないかと画策してきた、現在のベランダ。

Img_2048

とても低いレベルで恐縮ですが、ここまで枯らさずにすべての植物を育て上げました。植物キラーとしては、画期的なのですよ。

ちょっと油断すると、すぐハダニやアブラムシがつき、ほとんど連日、葉っぱや花を観察してかいがいしかったワタシ。たったこれだけの量、しかも鉢植えという管理しやすい状態なのにいっぱいいっぱい。広い庭持ちのガーデナーさんには、大いに敬意を表します。

ミニ池を見て、弟は、「いったい何のためにあるの?」と質問をしてきました。母は、「子供の手が少し離れると、女の人はいろんなことを始めるものなのよ」と、答えになっているような、なっていないようなコメント。的確です。

「ボウフラ、気をつけなさいよ」といわれ、のぞいてみたら、さっそくぴょこぴょこと泳いでいました。しみじみ、生き物たちはたくましい!

Img_2054

西側ベランダのゴーヤとヘチマも、さんさんと陽を浴びながら茂っています。心配した蟻は、もう姿がありません。6月の間だけ。いったいどうしたことだったのでしょう。

Img_2056

数個ではありますが、実も成っています。モコモコと大きくなっています。苦いものがまるっきりダメなので、この実は実家にあげようと思います。肥料も何もあげてものでは、家族以外の人にあげるには気がひけます。

葉は、成長のピークを超えたようで、7月半ばから茎やつるの伸び方が鈍ってきました。まだまだと思って横に横につるを誘導していたのがアダになり、いまのところ、窓を半分覆うくらいしかなっていません。先に、上まで伸ばした切ってから、伸び方を調整するようにした方がよかったのかも知れません。

« やっと慣れてきた兆しが | トップページ | 知人のガラス展へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我が家では長男がミニ農園家と化しており
玄関奥にある日当たりの悪い畳半分にも満たない
スペースを『マイ農園』とし、耕しております。
何でも、無農薬有機栽培にするとのことで
牛糞堆肥や腐葉土などをせっせと混ぜ込んでいます。
何でまたこんなことをおっぱじめたのか、
彼に何が起こったか、分かりません。

先日、売れ残ったニガウリを2株植えたのですが
大きくなりますかどうか。
よその畑を見ると、もう大分茂っています。
実もなっているのですね。
クワを欲しがって仕方がないのですが、
「何か収穫できたら買ってあげましょう」と逃げています。
はつか大根も植えているので、ひょっとしたら
買わねばならなくなるかもしれません。敵も然る者。

母の花園作りは一向に進行しません。
せっかく植えた萩に虫がつき、葉っぱが丸ハゲです。


なんとなんと小学生で無農薬栽培ですって?!?!?! ステキではありませんか! ぜひよき道具を見立ててあげてください。いい男に育ってますねぇ 応援しますbud

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/45687194

この記事へのトラックバック一覧です: 7月中旬:

« やっと慣れてきた兆しが | トップページ | 知人のガラス展へ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31