無料ブログはココログ

« またまた頂き物の話 | トップページ | 5日間放りっぱなしの結果 »

2009年8月19日 (水)

木曽駒ケ岳

毎年恒例、単なる実家巡りとなりそうなお盆でしたが、今年は、渋滞に混じって出かけてきました。(日帰りィ)

行先は木曽駒ケ岳の千畳敷カール。私の母からの要望。「すっごくきれいなのよ」

地震による東名の不通により、中央道が恐ろしく混むのではという不安の中、珍しく男性陣が、「何とかなるでしょ」と楽観。運転する人たちがそういうならばと安心して出発してみると、最初は順調だったのに、いつの間にか事故渋滞に巻き込まれ、さらに渋滞を抜けると、PAでは駐車場が、そして女性トイレで長蛇の列。男性陣の顔つきは徐々に凍っていくのでした。

さらに追い討ち。駒ケ岳ロープウェイに乗るためのバス待ちが約30分。車中40分。ようやく起点の駅に着いたと思ったら、ロープウェイまで2時間待ちの整理券が配布されたのでした。トドメは、いよいよロープウェイに乗り込むときの、「帰りのロープウェイは3時間待ちです」の案内。もう、かける言葉がありませんでした。

ですがね、帰るわけにはいかない。もう往復のロープウェイ代払っちゃったから。

さてさて、終点駅の千畳敷は、霧で覆われていたものの、束の間、晴れてすばらしい景色を見せてくれました。

038

でもあっという間に。

036

それでも、霧の中の登山道を歩けば、可愛い花たちが。

004 010 017 026_2

上からですね、トリカブト、チングルマ、クロユリ、イワツメクサ。これらは主にパンフレットに載っていたものなのですが、実は、あることに気づきました。

駒ケ岳から帰って二日後、ちょうどNHKのBSで駒ケ岳の特集のしておりまして、高山植物も紹介していたのです。そしたら、パンフレットに載っていないものばかり、希少だ、珍しいなどと紹介してる。それでハタと思い当たりました。パンフレットで紹介したのは、おそらく、ありふれている方の高山植物なのだろうと。うっかり希少なものを載せてしまったら、あっという間に持ってかれてしまうものね。しっかり知識を持っている人だけが、本当に貴重なものを見極められ、保護もするというわけでした。

待望の高山の野鳥も見ることができました。

067

しかしこの鳥、野鳥というにはかなり人なつっこく、どんどん登山者のいる方に寄ってきて離れません。まさか、飼い鳥? でも標高2611メートルだぞと不思議いっぱい。いったいどういう鳥だろうと帰ってから調べたら、イワヒバリでした。とても人なつっこい性格だそうで、メスがオスにプロポーズすることでも個性的と知られる高山の鳥なのだそうです。

帰り道、「みんなで来てよかった」と夫。「ひとりで来たら、絶対帰ってた」だそうです。よきものは、皆が集まるということで納得していただきたいものです。

« またまた頂き物の話 | トップページ | 5日間放りっぱなしの結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/45954720

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽駒ケ岳:

« またまた頂き物の話 | トップページ | 5日間放りっぱなしの結果 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31