無料ブログはココログ

« 待ち人(鳥)来たる! | トップページ | 彼女の目指すもの »

2010年2月23日 (火)

入るか、カワセミのレンズ沼

ようやく寒さが緩んだ先週末、朝、鳥の声で起きました。

鳥たちにとっても、食べ物を探すのにうってつけの気候になったのか、朝から鳥の声がよく聞こえます。

暖かくなったので、久しぶりに片道5キロほどの湿地公園をめざし、カメラ片手に野鳥を見る散歩に出ました。

いるわいるわ、

モズ、ホオジロ、シジュウカラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、ツグミ、ヤマガラ、ジョウビタキ、カワセミ、ゴイサギ、カラス、ヒヨドリ、メジロ、スズメ…

気付いたら10キロも歩いてたなんて、理想的な散歩です。

写真は…

いやいや、これまでなんとひどいものを載せていたのでしょうね

今回、2羽もカワセミに出会い、ブレブレの飛行写真を撮り、どうやったらもっと上手に取れるのかと野鳥撮影についてネット検索したら、あまりにすばらしい写真がたっくさん載っているのを見て、ガクゼン、ボウゼン。しかも謙虚なコメント付きで。私から見たらプロみたいな写真ばかり。

機材がよいことも当然ですが、それにしても、腕の差とかける時間の差の違いを見せつけられました。それとともに、いまの私の機材では、イメージするものは撮れっこないという事実も。

調べるほどに、野鳥撮影はお金がかかること、そしてもっとよい望遠レンズをと、カワセミをきっかけに嵌っていく人が多いことも知りました。“カワセミのレンズ沼”って言うんですって。

あっ、私も入りそう。腕のなさをレンズのせいにし始めたぞ!

Img_3097

それとも、今ある機材(EOS  Kiss X2 ダブルズームキット)で、どこまでできるかのトライ路線でいくか…悩ましい。

お金をかけてよい機材を揃えても、たぶん、簡単には撮れないと思うし、あのよい機材、重くてたぶん、私には手持ち撮影はできない。歩き回って撮りたいから、目的に合わない(負け惜しみではなく)…

手持ち撮影+散歩可能な重さのレンズ・ボディを調べることがポイントかしら。

となると、問題は私の体力!? 腕立て伏せ!?

« 待ち人(鳥)来たる! | トップページ | 彼女の目指すもの »

お散歩・お出掛け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入るか、カワセミのレンズ沼:

« 待ち人(鳥)来たる! | トップページ | 彼女の目指すもの »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31