無料ブログはココログ

« 彼女の目指すもの | トップページ | 免許更新 »

2010年3月 3日 (水)

感動をありがとう

バンクーバーオリンピックが終了しました。

真央ちゃんのオリンピックへの思いは、私が思っていたものよりはるかに強く、大きな原動力だったことがわかりました。それほど、オリンピックって特別な大会なのですなぁ。

予想以下だったのか、予想通りだったのか、メダルの結果に対し、国のサポート体制への意見があれこれ聞かれます。私も最初は、もっと国が予算を組んであげればいいのにと思っていたのですが、次第に考えが変わってきました。

いま、さまざまな問題をかかえているわが国で、メダルのために予算を取るとなると、そのお金はまさしく私たちに関わる部分からお金を移動させるわけです。私は幸いにピーピーしながらも何とか元気に生活できていますから、スポーツ選手のために自分へゆきわたる分が少し減ってもかまわないと思っていますが、いまという時期に就職がかかわるだけで人生設計が狂ってしまいかねない若い人がたくさんいることや、一度正社員のレールからはずれただけでゆとりのない生活に陥る人がたくさんいること、ますます貧弱になっている教育現場など、社会の問題点を考えると、メダルのために予算を増やせとは安易に言えないと思えます。また、メダルを多く取ることが、多くの雇用を生んだり、自動車や医療、科学などのように日本の国を支えることにつながるとも、いまのところあまり思えないし。

日本のオリンピック予算はどこどこの国の何分の一といった報道がありますが、私は、たったこれだけの予算でよくやったという視点があってもいいと思います。出すものを出さずにメダルばかりを求める視点への反省も。

そして、限られた予算をどう効果的に、投資も含めてうまくお金を使っていくかに知恵をしぼってほしい。上手に集める方法も。そういえば、昨年の定額給付金、これからの子ども手当てなども、オリンピック強化選手のための寄付という選択があれば、納得して寄付する人が出るのではないかしら。

とても個人的な意見ですが、最近のオリンピックは、お金中心主義で動いていく風潮が強くなって、つまらなくなってきたと思っています。特にロスオリンピック以降。もっとさまざまな国の人々の、さまざまな競技を、お互いを知るという視点で報道してほしいし、いかにお金を使わないで工夫したかという部分も評価してほしい気がします。

チームジャパンのさまざまなメダルに感動しましたが、私がひっそりと強く印象に残ったのは、イラン初の女子スキー選手でした。多くの選手が転倒する中、彼女が必死で踏みとどまりながらすべる様子を、「転ばないで完走して!」と願いながら見ました。多くの人がそのフィニッシュを見守り、応援する姿もステキだった。女性が好きなことを好きにできない国がこんな風にある、それも世界の多様性…なんてネ

もちろんメダルを取ってくれれば嬉しいけれど、いまの苦労の多い環境、貧弱な予算でよくやってくれたと、チームジャパンを誇らしく思っているのであります。

« 彼女の目指すもの | トップページ | 免許更新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/47715794

この記事へのトラックバック一覧です: 感動をありがとう:

« 彼女の目指すもの | トップページ | 免許更新 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31