無料ブログはココログ

« 自分でみつける役割 | トップページ | いよいよ »

2010年6月23日 (水)

嬉しい悲鳴

サッカーの第三戦を控えてヒートアップする中、ウインブルドンも始まり、昨日は錦織君、伊達さんの試合。こんな幸せな6月があるのだろうか。

特に、錦織君の試合を、ファンは、さまざまな気持ちで見ていたことだろう。まさか、ナダル相手にセンターコートで試合をするとは!

試合は、ところどころ錦織君のよさが出ていたものの、ナダルの強さは圧倒的。どんな相手にも手を抜かない彼の一途さが、今回は裏目だわ。そういえばナダルも昨年は膝の怪我で欠場だったんだなぁ。そんなブランクなど微塵も感じさせない、打つほどに調子が上がり、球が鋭くなっていく怖いほど強いテニスだった。

ケガが治り、テニスができる喜びにひたっている場合ではない!と、錦織君のファンたちも思ったのではないだろうか。肝心のところでサービスのダブルフォルトが出たり、ミスが続いてブレイクできなかった。第2セットなど、ナダルのサービスゲームでは、ほとんどと言っていいほど、ポイントが取れなかった。力の差はあまりにも大きかった。あせりは禁物だけど、それだけ、圭君がすっかり復調したと思わせる試合だったわけだけど。

ストレート負けで、3セット目は、時折、心が痛くなってしまうほどだったけど、ナンバーワンの相手が、あれほど手を抜かず、真剣に勝負をしているという事実にも、感じるものがあった。強いだけでなく、誠実さも伝わってきて、試合を見るたびにナダルはファンを増やしていると思う。

« 自分でみつける役割 | トップページ | いよいよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/48704094

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しい悲鳴:

« 自分でみつける役割 | トップページ | いよいよ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31