無料ブログはココログ

« あんなに堂々と勝つなんて | トップページ | まだあるサッカーの魅力 »

2010年6月30日 (水)

戦い済んで

とうとう結果が出た。やはり、世界の壁はまだまだ厚い。

激闘だった。でも、なかなか盛り上がれなくて、単調な部分も多くて、同じミスも多くて、「タイクツ」と世界のメディアから批判されるのもわかる気がした。だけど、注目されるってそういうことなんだよね。批判に感謝すると言った本田選手のコメントの意味が少しわかる気がする。もう、おだてられて結果を出す立場じゃないってことだ。

男泣きには、もう、もらい泣きだった。松井選手、阿部選手…あれがうまくいっていたら…と思いつつ、それがいまの実力なんだ。仲間をかばうい姿は、あんなまでの慰めは初めて見た気がする。試合直後は負けたことを仕方ないと思ったけど、しばらくたったら、悔しくて仕方なくなって眠れなかった。嗚呼まだまだだっ!チャンスなんて降ってこない。作り出すしかないんだ。

今回の活躍を機に、海外チームで活躍する選手が増えたり、また、ランキングの高い各国チームと真剣な試合をする機会が増えますように。これまでの実績では、なかなかトップクラスのチームと本気でぶつかる機会さえなかったのだ。だけど、これだけの守備力を見せれば、特に守備力やチームワークがネックとなっているチームが、一目置いて質の高い練習試合ができるのではないだろうか。

そして、アナウンサーにひとこと。昨晩の試合の実況は、残念ながら聞くに堪えなかった。応援団じゃないんだゾ! もっと情報仕入れて欲しかった。ネットで読める程度の情報ばかりで、私のようなニワカファンですら新鮮味がない解説だった。

今思うと、カメルーン戦のNHKの実況がすばらしかったのかも知れない。カーリング解説で話題になった小林さんのように、いま選手がやっているパスやドリブルやキープの意味などを、行間をわからせるかのように説明してくれたんだ。そのおかげで、カメルーン戦での日本代表の戦い方が変わったことがよくわかったし、期待を持てた。

4年後には、実況中継をする人間のレベルアップも望む。

熱く楽しんだこの6月。やっぱり、日本代表にありがとう、だね。

« あんなに堂々と勝つなんて | トップページ | まだあるサッカーの魅力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/48759227

この記事へのトラックバック一覧です: 戦い済んで:

« あんなに堂々と勝つなんて | トップページ | まだあるサッカーの魅力 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31