無料ブログはココログ

« だし醤油 | トップページ | 隼とHAYABUSA »

2010年8月12日 (木)

この高揚感は何だ?!

久しぶりに、頭を空っぽにして楽しめるというか、あきれるというか、まあ、細かいことを抜きにして楽しめる映画を見た。

マンマ・ミーア

イタリア語で、「なんてこった!」というような意味なんだって。母親を賛美する言葉かと、ず~っと思ってたわん

大ヒットのミュージカルを映画化し、大女優のメリル・ストリープがノリノリで出演したという記事を読んで気になっていたものの、しっかり見逃し、1年半遅れてWOWOWの放映で追いついた。

役者は、メリル・ストリープが出ていることしか知らなかったが、見てびっくり。大好きな、コリン・ファースが、うまいのかどうかよくわからない歌を披露しているじゃないの!

さらに、メリル演じるドナの親友役の女優も、さらに、ドナのモト彼役の俳優も見たことある魅力的な方々。

調べてみると、女優さんは、アグリー・ベティのシーズン3でマットの嫌味な母親役が妙にステキだったクリスティーン・バランスキー。

モト彼役の俳優は、コリン・ファース以外に、グッド・ウィル・ハンテイングで屈折した心の持ち主の数学教授を演じたステラン・スカルスガルドと、5代目007のピアース・ブロスナン。

こうした50代の方々が、ちょったるみつつある体とシワを隠さず、売れない歌手みたいな派手な衣装を着て、ABBAのヒットナンバーを歌い、踊る。いや、歌いまくり、踊りまくる。

人生を楽しんでる、って感じが伝わってきたわ。

この高揚感、ナンでしょう! ダンシング・クィーンは、痛いヒザを抱えながらもちょっと踊っちゃったわ。

ストーリーは単純極まりないのだけれど、それでいいのだ!という明るさが魅力。久々に、音楽にノル楽しさを伝えてくれたわ。かえって、上手すぎない歌や踊りがよいのかもね。

小学生の娘は、「この曲が芋洗坂係長のネタの曲か」と感心していた。入り口がちょっちがうw~wobbly

« だし醤油 | トップページ | 隼とHAYABUSA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/49129430

この記事へのトラックバック一覧です: この高揚感は何だ?!:

« だし醤油 | トップページ | 隼とHAYABUSA »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31