無料ブログはココログ

« キジ | トップページ | マヨネーズ »

2010年9月28日 (火)

伊達さんは日本の宝!

試合は見られなかったけど、

ライブスコアチェックしてたのに(珍しく)仕事に集中してTBSで16時から放映したの、気付かなかったのが悔しいけど、

伊達さん、シャラポア相手に勝利! (((((heart04))))))

今からトップになるのは、体の回復力が20代には及ばないいま、2週間かけて数試合の勝ち上がりが必要なツアーでは現実的ではないけれど、1つの試合として切り離して見たら、もうトップレベルの選手と互角の実力があるところまで登ってしまったと私は感激しました。

フレンチオープンで、サフィーナに勝利したときも驚いたけれど、オーストラリア戦でのペトロワ戦(10位台)でも、ウィンブルドンのクズネツォワ戦(10位台)でも、先週のソウルのパブリュチェンコワ戦(20位台)でも世界のトップレベルといえる選手相手に魅せるテニスをし、一方的に負けるような試合はしない彼女。スコア以上の魅せ場を作っている彼女。自分のライジングショットを、ひと昔前のものではなく、いまの選手には“経験したことのない球”と思わせる、打点を下げる使い方。そして経験を武器にする冷静さと賢さ。

インタビューでは、現実を見ている客観性に強さを感じます。現代のテニスとこれまでのテニスの違い、自分と相手の武器、弱点。体力的に優位ではないいま、どうやったら勝てるかを分析して、それに対応して、やるべきこと、できることをすべてやっていると言い切る。分析や批判は簡単に言えるけど、行動して結果に残せるかどうかは恐ろしく別の次元。

復帰したとき、まさかここまで登ってくるなんて思えなかった。世界はそんなに甘くないと…

でも、不可能を可能にしつつある。彼女のように意思がしっかりあり、継続的に自分を追い込める人が、天才なんだろうなあ。頭を使う学者とも違い、この数年で明らかに体を鍛えた努力の人を天才とは呼びにくいけれど、目標に向かって努力や工夫や意思を継続できる才能が天才に不可欠と最近とみに思うのです。

今日の二回戦、世界ランク30位台のハンチュコバ相手に、たぶん、疲労がネックになって厳しい戦いになると思えます。

大きな大会ほど、大物との初戦を引き当てる伊達さん、一回戦ほど見逃せないと、観客の動きやTVの放映体制が変わるかも。

« キジ | トップページ | マヨネーズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/49584935

この記事へのトラックバック一覧です: 伊達さんは日本の宝!:

« キジ | トップページ | マヨネーズ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31