無料ブログはココログ

« 清水のやすらぎの森 | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »

2012年8月15日 (水)

クラシックを楽しむ

娘とともに、久しぶりにクラシックコンサートに行ってきた。

Cimg0942

クラシックはけっこう好きだけれど、わざわざチケットを取ってコンサートに行くほどのファンではない。この、神奈川フィルのコンサートは、親子ペア券というのがあり、チケットが割安(親子で4500円)なことと、地元のホールのコンサートなので行くのに時間や手間がかからないということが大きな魅力。

子供を対象としているので、聞いたことのある演目が中心。それを、指揮者の青島広志氏が、軽妙なトークとともに、奏者も巻き込んで笑いを中心にクラシックの世界に連れていってくれる。

今回が2度目で、似た様な演目かなと思ったら、1曲は共通していたものの、アレンジが違い、実質的にすべて違う曲を披露してくれた。そして、生意気ながら、前回より楽しかった。まめな楽器や団員の紹介がオーケストラに親しみを持たせてくれるのはもちろんだが、ソロを多用してそれぞれの楽器の音を楽しませ、さらに生の演奏の緊張感や音ののびやかさを共有した。

聞いている最中に、神奈川フィルは、プロのオーケストラなんだと自覚した。数千円のチケット代を払うのだから、お義理で行くコンサートとは違う。

調べてみると、日本国内には23のプロオーケストラがあるそうだ。N響とか新日本フィルなど聞いたことがあるオーケストラを含み、23という数字は、意外に少ない気がした。その中で神奈川フィルがどんな位置づけかはよくわからないが、職業音楽家として活動していくのは、とても大変なことに違いないと想像は容易につく。

また、昨今の不況による、地域のオーケストラへの補助金が減額されているニュースから、神奈川フィルも経営は難しいようだ。来年の夏までに5億円を集めないといけないそうで、盛んに寄付のお願いをされた。

身近で生のクラシック演奏を、車でちょいと行って聞けるなんて、素敵な贅沢のひとつ。ささやかながら小額を寄付してきた。

オーケストラの存続を願う思いと、音楽を愛する気持ちとを思いっきりのせた演奏、とてもよかった。

« 清水のやすらぎの森 | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/55416724

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックを楽しむ:

« 清水のやすらぎの森 | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31