無料ブログはココログ

« 行正り香さんの和風ビビンバ | トップページ | 清水のやすらぎの森 »

2012年8月 1日 (水)

猛暑だけど楽しかった日

先週の土曜、久しぶりに歩きに出掛けた。

行き先は、神奈川県愛川町の、八菅山いこいの森。どんなところか知りもせず、家から車で1時間くらいで行け、森のようだから小一時間歩くにはよいのでは、という理由でセレクト。

町のホームページの紹介では立派だった割に、とても自然に近い状態の公園だった。公園というよりも、八菅神社を中心にしてそれを取り巻く森林を、公園のように扱ってウオーキングコースにしている。それゆえ、主役は八菅神社らしい。

Cimg0870_2 

そのことには何も気付かず、神社を取り巻くぐるりとした遊歩道を歩き始めた。

最初からいきなりすごい急な階段。

Cimg0865_2

はじめは、緑がたっぷりで美しい!と森林浴を楽しむ気分だったけど、これが3セット続くと、相方がそろそろ引き返そうかと言い出す。

が、いやいやどうしようというタイミングで、ちゃんと頂上にたどり着くのがいつものパターン。今回も同様。

頂上らしきところで、初めて、この森の全体像を知る。

Cimg0866

どうやら、もう半分は来ているとわかり、がぜん、元気に。

そして、展望台へ。展望台というより、お立ち台のようだったけれど、遠く、川崎方面を望む。

Cimg0867

この日出合った最もお気に入りの場所は

Cimg0869

神社に向かって下る、急坂。木陰の涼しく、風のやさしいことよ!

猛暑の中、出かけてきて本当によかったと思うことがあるなんてと、自分にびっくりしてしまった。

日なたではじりじりと辛い暑さだけれど、木の陰に入ると、自然にやさしく守られているような気分になる。この一瞬の風を感じるための散歩、なかなか捨てたものじゃない。

振り返ると、

Cimg0868

厳しい階段。ここを登らず、回り込むようなルートでお参りすることになったけれど、たぶん、最初にここから登ると思ったら、きっと挫折したよネと、夫と話した。

近くの中津川では、多くの鮎釣り客と、川で遊ぶ家族客がいっぱいだった。適度に人がいて、駐車場がゆったりして、楽しめそう。もう少し日差しが弱まって、川べりを散歩するのによい頃、また来ようと思う。

今日出会った鳥は、ヒヨドリ…ヒヨドリ…。聞きなれない声を聞いたけれど、姿は捉えられず。標高は低いところみたい。夏鳥には会えなかった。

それよりも、さぁとカメラを構えたら(一眼レフの方)、バッテリー切れ。2キロ近くのカメラをいったい何のためにしょって来たんだとがっかり。

代わりに使ったコンデジくん、思ったよりよく撮れて、嬉しいんだか、空しいんだか。

それでも、あの階段の涼風、猛暑でもまた出かけようという気持ちにさせてくれた風に感謝。

« 行正り香さんの和風ビビンバ | トップページ | 清水のやすらぎの森 »

お散歩・お出掛け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑だけど楽しかった日:

« 行正り香さんの和風ビビンバ | トップページ | 清水のやすらぎの森 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31