無料ブログはココログ

« ツタンカーメン展 | トップページ | リフレッシュ »

2012年9月18日 (火)

登呂遺跡

夏休みの8月上旬、小学3年生のとき、社会科見学で行った懐かしい場所に行った。

娘と夫が見に行きたいと言ったからだ。

当時、車はもちろん、バスにも電車にも酔う私にとって、長時間のバス乗車はとても気が重かったが、行ってみたら、遺跡が面白くてバスの辛さの記憶がない。このときの楽しさがきっかけとなって、歴史とか古代文明が好きになった気がする。

40年ぶりに訪れた登呂遺跡は、思ったよりもずっと小さくて、拍子抜け。

Cimg0979

背後の風景が、あまりに現代的で、そのギャップにも驚く。小さい頃に見たものを大人になってから見ると規模や距離感が違って驚くことをいいくつも体験してきたが、これもそのひとつに仲間入り。こんなにちゃちい印象ではなかった。ココロがすっかり大人になってしまったようだ。少し寂しい。

Img_6868

しかし、小川のほとりに立ったら、弥生時代の人々の暮らしが、ここにあったのだとすっとその中に入れそうな気がしてきた。洗濯をし、炊事をし、遊び、語らい、いまと変わらなく忙しく、そしてにぎやかな暮らしがあったことだろう。悲しみもたくさんあったことだろう。

歴史の中では点に過ぎない私の時間だが、ほんの点のような一瞬であれ、私の幼い日といまという日が重なったこの一日を、私は大切に覚えておきたいと思った。いまごろ、夏の思い出。

« ツタンカーメン展 | トップページ | リフレッシュ »

お散歩・お出掛け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登呂遺跡:

« ツタンカーメン展 | トップページ | リフレッシュ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31