無料ブログはココログ

« 自家製パン | トップページ | ハラ肥ゆる秋 »

2012年11月 1日 (木)

母たちの集まりで

中2の娘の学校関係の母親の集まりに参加した。いろいろな学校からの寄せ集め中学なので親同士の知り合いがほとんどない。情報交換しよう、顔なじみになろうという趣旨で学級委員が主宰し、学校近くの和食レストランでランチ会が催された。

子供を媒介とした女性ばかりの集まりはとても苦手だが、この機会を逃すと、もしかしたら娘の中高生活の間、ほとんど知り合いがいないかもという現実に多少危機感を持ち、どこか重い気持ちを深く考えないように努めて参加。まったく面倒くさがりになったものだ。これは、子供が小学生時代の、いろいろな人間関係の煩わしさの副産物という面が多分にある。

参加者は13名くらい。クラスの3分の1強。意外に多かった。不安を感じるのはどの人も同じだろう。特に男の子はあまり細かく学校の話をしないから、心配になるのもわかる。うちの娘も男並みの情報量、というか、私がほとんど聞き出す気持ちがないので、あまり学校についてもクラスメイトについても知らない。参観日があっても、「来ないで」「来るなら、(自分に)わからないようにして」だって。私、変装するんかい!

自己紹介中の子供関係の話題では、とにかく、男の子ママのぼやき、嘆きが多かった。内心、よくわかるわぁと頷きまくり。何で、言われたことをきちんとやれないのか、やるべきことをやらないのか女親には理解できないことだらけ。最低限と思ってする注意には、ウルセェ、そして不機嫌。反抗するのもいい加減にしろ! 同じ、同じ。娘のことで参加したのだが、いま高2になる息子の中学時代を思い出してしまった。

そうは言っても、やはり、男の子は愛すべきもので、「学校から帰って1分後にはパンツ一丁になって冷蔵庫オープン」しているというA君や、「学校から帰ると制服のまま1時間ぼーっとしてネムネム病にかかっている」K君や、「これ、ちょっとエッチっぽい表紙だけど、人気のある本だからねと言い訳しながら怪しいライトノベルを読みふけっている」というK2君や、「HP作りが趣味で、時々PCの前で不気味にフフと笑っている」O君など、想像するだけで笑っちゃう男の子たちの様子が垣間見れた。

結果、大笑いして帰ってきて、家でも娘にかいつまんで話したら、驚きながらも大爆笑。皆、家では反抗期真っ最中のようだが、学校では個性的、あるいは性格がよく成績優秀、あるいは異様にオタクなどの情報を娘から得た。彼らの家での話しは、けっこう意外らしい。まぁごくフツーの中2男子たちだ。ウチの息子のネタでもかなり笑えるが、よそのご子息のネタでもすごく笑えることがわかった。そして、それをネタに、私は娘と楽しくコミュニケーションできるのが収穫か。

« 自家製パン | トップページ | ハラ肥ゆる秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/56014487

この記事へのトラックバック一覧です: 母たちの集まりで:

« 自家製パン | トップページ | ハラ肥ゆる秋 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31