無料ブログはココログ

« 重苦しいもの | トップページ | 初めての人間ドック »

2012年12月10日 (月)

なぜ三角食べをしない?

先日、テスト期間中の息子に、間違ってお弁当を作ってしまい、本人が帰宅したときに一緒に食べた。

お弁当は2段で、上段におかず、下段にご飯を詰めている。ふと気が付くと、彼は、まず、おかずの詰まった上段をたいらげ、次にご飯の詰まっている下段を食べている。

娘もそう。普段の食事のとき、おかずを一品ずつ食べて、ご飯もその一品であるかのように、最後に、ご飯だけを食べることが多い。「どうして、交互に食べないの?」「味が混ざるからおいしいんじゃないの?」「三角食べって給食で習わなかった?」などと声かけをしてきたが、いまだにコースメニューのように、一品ずつを順番に食べる。

「味が混ざるのがいやだ」と娘は言う。そして彼女は、お弁当にふりかけをかけるのを嫌がる。ちょっと濃い味のおかずがご飯に染みるのも嫌だと言う。「混じった味のご飯、いやだ」

私ならご飯におかずの味を移すかのような食べ方をするけれど、彼女は、ご飯はご飯だけ、白飯で黙々と食べる。よく食べられるなと思う。そういえば、彼女は、漬け物や佃煮を一切食べない。梅干もらっきょうも… 塩分の濃いものを嫌がる。

ちょっとはっとした。もしかしたら、三角食べをしないのは、味が薄い料理を好むから? 料理が薄味だったら、わざわざご飯と料理を混ぜて食べる必要はないかも知れない。私が至福に感じる、糠漬けとご飯、白菜漬けとご飯、タラコとご飯、梅干とご飯は、おかずがけっこうしょっぱいからこそで、ご飯と混ぜたときに口の中でちょうどよい塩加減となる味わいをおいしいと思うのかも知れない。

最近、家の料理の塩加減をかなり押さえるようにしたら、いつの間にか私の食べるご飯の量が減っている。必ずおかわりをしていたのが、しなくなっている。でも時間がたつとお腹が減るのが困るので、時々、ふりかけを使ってご飯だけ必死に食べているときがある。

昭和の食卓は、おかずの種類も量ももっと少なくて、しかも塩が濃くて、それでご飯をたっぷり食べるスタイルがそれなりに普通だったような記憶がある。いまは、おかずの種類が増え、量も増え、ご飯をたっぷり食べるより、おかずを優先して食べるスタイルになっていると思う。となると、三角食べというご飯を基点にする食べ方は、いまの食卓にはなじまないと考える方が自然なのかも知れないな。

« 重苦しいもの | トップページ | 初めての人間ドック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/56204528

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ三角食べをしない?:

« 重苦しいもの | トップページ | 初めての人間ドック »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31