無料ブログはココログ

« 癒し | トップページ | 大根の皮の活用 »

2013年4月11日 (木)

管理しやすい量を知ると、買い込まない

冷凍庫がぎっしり詰まって、しかも見ただけでわかるように整理されている他人サマの冷凍庫って、なんだかかっこいい。料理上手なんだろうな、整理上手なんだろうな、と思う。

恥ずかしながら、できればいつも食べる側でいたい私。作るのに精一杯なので、管理まではとても余裕がありませぬ。

いろいろ葛藤の日々もあった。

けれど、あるとき、子供に「お弁当のおかずが冷凍くさい」て言われてとても凹んだ。

せっかく手作りしたのに、たくさん作りすぎて、いつ作ったものか思い出せないくらい時間が経っていたからだった。

それを機に、いくらがんばって作ったり買ったりしても、自分の管理能力が行き届かないのなら自己満足と、潔く前進。

まず、冷凍庫をのぞき、いつ買ったか作ったかわからないものは処分し(もったいなかった!)、買うときも、とりあえず多めより、足らなかったら次ぎに買おうと、前もって買うのはやめにしてみた。

何がどのくらいあるか、すぐわかるようにするため、現在は、100均のパンケース用の大きめタッパーを4つ入れ、肉用、朝ごはん用(油揚げとかしらすとか)、お弁当用(自分が作ったから揚げとかハンバーグ、茹でたスパゲッティとか)、その他(水煮した大豆とか冷凍の山椒とか)に分けて収納。手前側に、入らない市販品(ハッシュドポテト、茹でうどん、枝豆、ほうれん草を立てて入れる。冷凍庫自体としては、それなりに詰まっていた方が、省エネなんだろうけど、ぱっと見てわかること優先。

Img_7652

こまごましたものは、冷凍庫の上段トレーに。冷凍ご飯やお弁当のおかずの煮豆とかひじきとかを2~3種。それとチーズやら鶏の皮、フライで残った小麦粉やパン粉などなど。あいているスペースは、夏、お弁当を急いで冷ます必要があるときにトレイをつっこむ重要なスペース。

Img_7651

入っている食料は少ないけれど、絶対量が少ないと、どんなものがあるか把握しやすいから、私にはラクだ。もう少し、管理能力が上がったときに、もっと買うことにしよう。

« 癒し | トップページ | 大根の皮の活用 »

料理系日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/57152828

この記事へのトラックバック一覧です: 管理しやすい量を知ると、買い込まない:

« 癒し | トップページ | 大根の皮の活用 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31