無料ブログはココログ

« 弁当用の自家製冷凍おかず | トップページ | 自家製のすし酢 »

2013年5月19日 (日)

南アルプス邑野鳥公園

家の近くで、恒例の夏鳥たちのさえずりが聞こえてきたわ。さわやかなホトトギス、美しいんだけどさえずりが過ぎてここんところうるさい画眉鳥(がびちょう)。

仕事が第三コーナーを回り、気持ちがひと段落したので、実際にふかふかの緑の中の中で野鳥を楽しめる、山梨県の南アルプス邑野鳥公園に行ってきた。

規模はそれほど大きくないなという程度の情報だったけど、まずは行ってみたいと、家から150キロの距離を車でゴー。

車が20台ほど止められる古めの駐車場があり、そこから富士川に掛けた“ヤマセミ橋”というつり橋を渡り、公園の入り口に。

こういうのって、期待しないほどよいんだろうか。“日本で一番人口が少ない町”をキャッチフレーズにしているらしい?町の町営施設だったのだけど、余計な手を入れてないところや、飾り気のないところ、訪れる客が少なくて静かなところ、管理塔にいた若いガイド兼職員の方の説明がよいところ、何より、鳥を観察させることを中心にした公園づくりに、少し感動したの。

まだまだ経験の少ない私が言うのもなんだけど、野鳥が観察できると謳ったところに行っても、これで?というところが多いのよ。とりあえず観察できる場所を設けているだけといった印象なの。

でもここは、いつ何時に何が見られるというデータをまとめて張り出していたり、早朝の鳥を見たい人には事前予約してもらってそのために入園させたりというように、鳥を見せるための仕組みづくりをしているわ。散策路も、鳥が観察できるよう、それほど道をととのえていない。

鳥をいろいろみたいなら、入門としてここの公園を選ぶのはとてもいいように思えたわ。

Cimg2210

これは、管理塔のホワイトボードに書き込まれていたもの。職員の方が毎日更新しているよう。質問すると、とても親切に教えてくれるわ。あまり詳しくない私もいろいろ教えてもらった。

Img_8087

季節ごとにどの場所でどんな鳥が見られるかをマップにしている。

おみやげも、地元の工房で作ったステンドグラスの鳥の飾りなどを扱っていて、独自性があってよかったわ(今回は、コルリの鳥笛を購入)。

今年はヤマセミを見たいと願っている私なんだけれど、がんばって早起きしてこの公園でヤマセミが比較的によく現れるという朝7時前後に観察して、無事に会えたらその記念にヤマセミのステンドグラスの壁掛けを記念に買うわ

« 弁当用の自家製冷凍おかず | トップページ | 自家製のすし酢 »

お散歩・お出掛け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アルプス邑野鳥公園:

« 弁当用の自家製冷凍おかず | トップページ | 自家製のすし酢 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31