無料ブログはココログ

« 自動音声の電話アンケート | トップページ | 旨馬サラダ(うまうまサラダ) »

2013年7月31日 (水)

鹿肉料理、食べました

私にとって初めての、鹿料理体験をしました。

Cimg2282

鹿のから揚げというか竜田揚げというか。下味は醤油だけで、片栗粉を付けて揚げたもの。

ダンナの実家で出してもらいました。

フランス料理でジビエとして鹿肉の人気があるのは知っていましたが、まさか、こんな家庭的な料理としていただく機会があるとはsmile

おいしかったぁnote

義兄が料理してくれたので、余計においしかったぁup

牛のヒレ肉のように赤身が多く、脂肪がほとんどなく、クセもない。フレンチでは煮込む料理が多かった印象があり、肉は筋ばって硬いのだろうと想像していたのですが、ちょっと鉄分が強い牛の赤味という味わいです。

新鮮な肉かと思ったら、冷凍しておいたそうで、びっくり。生姜やニンニクなどのなしで、こんなにクセがないなんて。

鹿肉は、義兄が、猟友会に入っており、ニホンジカの駆除のためにボランティアで撃って、みなで分けたというものです。自治体によっては、猟で獲った獣の肉を販売しているところもあるようですが、義兄の地区では加工処理をする施設が整っていないということで、猟師の家族や知り合いなどで自家消費中。ビジネスにしないと、もったいない!

クックパッドで鹿肉料理を検索すると、100以上のレシピがこともなげにさっと登場し、これまたびっくり。それほど珍しい素材ではないのですね。

飽きるほど食べたという義母によると、鹿肉に慣れたら、スーパーで買う豚肉や牛肉は、風味が弱くて、何か物足りなく感じるようになったそう。ジビエのおいしさって、きっとそこなんだろうなぁ。

« 自動音声の電話アンケート | トップページ | 旨馬サラダ(うまうまサラダ) »

料理系日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/57894911

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿肉料理、食べました:

« 自動音声の電話アンケート | トップページ | 旨馬サラダ(うまうまサラダ) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31