無料ブログはココログ

« 夏休みの家族旅行 能登へ | トップページ | 若冲に会いに行ってきました »

2013年8月13日 (火)

猛暑のときこそ散歩のススメ

こんなに暑いなんて…泣きが入りそうな毎日が続きます。特に週末は、せっかく楽しく過ごそうと思っても、たぶん考えることは皆同じ。プールだってショッピングセンターだって混んでいるに違いない。そう思うともったいないような悔しいような。

家でじっとしていればよいのですが、普段、こもって仕事をしているの体が重い。週末はできれば気持ちよく汗をかきたいのです。

猛暑といえど、日陰ならばそれなりの涼しさのはず。気持ちいいぞぉ。散歩はどうだと夫は言います。

本当か???と疑いつつ、家にいても気が晴れない。で、早々の退散を覚悟で、近所に涼を求めて散歩に出ました。

家の周囲は涼しい場所もなく、アスファルトの日向となると容赦なくジリジリと日差しに痛めつけられます。慣れていないこともあり、30分も歩くと、だんだん息苦しくなってきます。

そのうち、川沿いに出て、久しぶりにカワセミ君を発見。「みつけた!」と心がウキウキし出すと、がぜん元気になってきました。気持ちが乗ると、涼しさを伝えてくれるいろいろな景色が、どんどん目に飛び込んできます。

橋の下の日陰は、涼しく、水音が気持ちよく、エアコンが効いた家の中よりはるかに居心地がよい自分の時間を過ごせそうでした。近くにコンビニがあると、トイレの心配がないんだけど。近場でも、改めての新発見でした。

この散歩に気をよくして、翌日も散歩。近所の弘法山に向かいました。山道の途中では、たくさんの穴が。直径2センチほどで、後で調べると、セミの幼虫が孵化するために出てきた穴だとか。

Img_8702

セミが肩に留まってきたり、見かけたことのない種類の美しい蝶に出会ったり、こんな猛暑の中でたくさんの生き物がいることに、夏の山のパワーを感じながら山頂へ。

山頂では、思いがけないプレゼントが待っていました。

3羽がいます。

Img_8681_2

メジロの幼鳥らしい。下半分の毛がグレーでまだ緑色ではなかった。

Img_8693_2

メジロとシジュウカラが仲良く。

Img_8696

鳥の水飲み場が野鳥たちで大賑わい。次々とやって来て可愛い姿を見せてくれます。よく来ているらしい方に尋ねたら、「こんなにたくさん見られることはあまりないよ」と言っていました。連日の暑さのせいか、鳥たちは、口をあけながら水飲み場を目がけて降りて来るそうです。

気持ちよさそうに、そして仲良く水浴びをしていました。暑さ吹っ飛び、爽やかな気分になりました

家に戻ると、玄関近くで美しい声。給湯器の上にいるのですが、磯ヒヨドリです。よく姿を見せてくれるオスで、時々、ベランダ越しに美しい声を楽しんでいます。透き通ったよく通る声は、聞くたびに気持ちが安らぐ…

Img_8706_2

ヒヨドリというと、一般的にはずうずうしくて意地悪で、それで頭がよいから好かれていない野鳥。でもこの磯ヒヨドリは、ヒヨドリと言ってもツグミ科。ヒヨドリはヒヨドリ科。別の種類の鳥なのです。

さらに、ヒヨドリは漢字では鵯(卑しいに鳥)と書き、決して美しいといえない字。磯ヒヨドリを見るたびに、磯ヒヨドリの名誉毀損だと、悔しく思います。

ともあれ、猛暑の週末、家で過ごすよりハッピーでお金も掛からない、なかなかステキな方法をみつけたのでした。

二日続けて2時間の散歩に出かけ、長袖の速乾性のシャツと、猛暑対策のなされた帽子、首筋を冷やす保冷剤2個が(1時間分)大切なグッズと判明しました。山に行くときは虫よけも。山の薮蚊は、5秒と油断なりません。

« 夏休みの家族旅行 能登へ | トップページ | 若冲に会いに行ってきました »

お散歩・お出掛け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑のときこそ散歩のススメ:

« 夏休みの家族旅行 能登へ | トップページ | 若冲に会いに行ってきました »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31