無料ブログはココログ

« 停電パン | トップページ | 効率化VS.さわやかさ »

2013年10月22日 (火)

小さい秋

すっかり朝晩が冷え込み、秋どころか冬の気配。内容が古くなってしまった、2週間ほど前の近所のお散歩での話。

イヤというほどモズを見た。10月の半ばだ。彼らは木のてっぺんが好きなようで、姿を探すのは簡単。

ギィギィした、とても自己主張の強い声で鳴く。さすが肉食。あちらこちらにモズがいる。天敵いないのかな。モズの高鳴きと言うそうだ。

Img_9365

Img_9369


Img_9384


Img_9388


Img_9374

最後はカワセミ君。

その日、多くのモズを見かけながら、私は何かを思い出そうとしていた。

なんだっけなんだっけ。モズモズモズ…

…呼んでる口笛 もずの声…

そうだ、サトウ八チロー作詞の童謡、「小さい秋みつけた」の歌詞だ。

そうか、10月中旬にモズはこんなに晴れやかに、時には自分の存在を主張しながら、昔から鳴いているんだ。よく覚えていたなぁ、この歌。

きっとこれから、10月になるたび、秋の入り口と感じたこの日のことと歌を思い出すような気がする。

この20年近く、家族中心に動いてきて、いつの間にか自分の感覚がどこか薄まっていったところがある。我慢していたとか、抑えていたとかそんなつもりはないのだが、こんな季節の感じ方を久しぶりにすると、どこか自分ぽくて、昔の自分に再会したような、何かを取り戻している気がした。

« 停電パン | トップページ | 効率化VS.さわやかさ »

お散歩・お出掛け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さい秋:

« 停電パン | トップページ | 効率化VS.さわやかさ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31