無料ブログはココログ

« 仲間由紀恵さんの白蓮に思うこと | トップページ | 石田徹也展 »

2014年6月 3日 (火)

食育はどうなったのか?

GWが過ぎ、中間試験が過ぎ、いつの間にか真夏の暑さ。いい季節は本当に短いもんだ。

我が家では、今都市は子供がそれぞれ節目の進学となり、新しい町、学校、友人、環境、授業など、日々、話題満載。勉強が苦手の息子がガテン系の専門学校に進学して、いったいどうなるんだろうと思っていたら、毎日たくさんの実技、座学でピシピシ鍛えられている。好きな分野というのは本当だったらしく、ときには体じゅうに湿布張って、「脚、イテェ」と叫びながらも元気に登校している。

よかった、よかった。高校卒業してまで、弁当持ってくと言われ、驚いたけれど、そんなに元気なら、私のこれまでの人生にない早起きの弁当づくり、がんばる甲斐がある。

彼が弁当を持っていくのは、お小遣い節約と時間節約のため(学食が混むのが異様に嫌なんだってさ)なんだけど、クラスメイトでもけっこう弁当持ちがいるらしい。しかも手作り。

自分で作るの??と聞いたときに弁当男子がいよいよ身近にとワクワクしちゃったけれど、詳しく聞いて驚いた。そのお弁当って、どれも日の丸から梅干を抜いた、白飯弁当………

なんでも、寮に入っている生徒は、節約のためにお弁当を持参しているけれど、料理力がないから自室で炊いた白飯だけなのですって。

でもさ、工夫もできるでしょうに。近くにはヨーカドーがあるから、ちょっとしたお惣菜や冷凍食品が買えるはず。

とは言え、わが息子と同じ18歳、息子に弁当を作れと言ったら、フリカケくらい用意しそうなものだが、本質は白飯弁当となるのだろう。

私だって親元を離れた18歳のとき、多少家庭科はやっていたものの、料理なんてほとんどやったことがなかった。

だけど、いまの時代、仕送りの金額が伸びていないためか、節約はまず食事からという事情の結果、大学生の自炊食事内容がスゴイことになっているらしい。

大学が導入「学食100円朝食」仕送り激減でまともな食事できない今どき大学生

 

これによると、具なしのハヤシライスだの、ペンネ盛りのパスタだの、ひたすら炭水化物のあわせ技メニューが食事らしい。白飯だけの弁当も、そう考えるとちゃんとイマドキだ…。

18歳の過去の自分に、栄養の知識がたいしてあったとは思えないけれど、そんなものばかり食べていたら、病気になってしまうという危機感はもう少しあった。よく友人たちと鍋だのなんだの一緒にご飯を食べたっけ。バイト代が出たときは、チャリンコに乗って、フォルクスの薄いステーキと、食べ放題のサラダを何度もお代わりして栄養補給したっけ。

先 の記事では、大学の学生食堂で、せめて朝食をしっかりとってもらおうと100円で朝食を提供していることや、学食でしか使えないプリペイドカードを親が チャージするようにしたり、学食を使うとICカードが食事内容を記録し、親がオンラインで子供が何を食べたか食事内容がわかるようになっているシステムの ことを紹介していた。

便利にして、ラクにして、管理して口を出しやすくしたこうした仕組み、ないよりいいのだろうが、結局、本人たちでなんとかするという方法になっていないため、私にはチト不満だ。

というのも、毎日毎食、食事づくりだけはなるべく手作りでとやっている身としては、自分で作るとか、自分のために食べ物を考えることが、とても大切なことと思っているからだ。

だって、からだって、食べたものでできているんだよ~

私の家族、私が作った料理でできているんだよ~

ときどき、驚く。

買い物をしていると思う。コンビニの弁当とか、冷凍食品とかファーストフードが安過ぎるということを。国産品を買っているだけで、けっこうかかる。それだけ安いってことは、おいしさを犠牲にした何かがあるということに私は思う。

だからね、安いものや安易なものばかりを食べ続けることに、とてもとても危機感を感じる。選択肢があるからこそ、選ぶ眼を持たないと、安易な方向にすぐ向かってしまうもの。

ほんのひと手間を自分のために、できる範囲でかけていくというふんばりの生活技術を、もうちょっと大切に受け止めてもらいたいなぁ。

我が家も子供たち、鍛えねば。

ところで、2005年に成立した食育基本法って、結局子供たちに直接どんな影響を与えているんだっけ? ビジネスに利用されているばかり?

« 仲間由紀恵さんの白蓮に思うこと | トップページ | 石田徹也展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/59672238

この記事へのトラックバック一覧です: 食育はどうなったのか?:

« 仲間由紀恵さんの白蓮に思うこと | トップページ | 石田徹也展 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31