無料ブログはココログ

« 次の本へ | トップページ | 岡部嶺男展 »

2014年11月26日 (水)

手打ちそば処 鎌倉武士

11月となると、新そば!です。
昨年の秋、新そばを何回も食べ、すっかり、11月と来れば「新そば!」と反応する体質になったようです。

で、行ってきたのが、鎌倉の手打ちそば店「鎌倉武士」。たけしと読むそう。鎌倉宮の奥、覚円寺に向かう道沿いにあります。

古い一軒屋を改造した、落ち着いた雰囲気のそば店です。

しばらく玄関先の椅子で待ち、ダイニングに通されました。10人くらいが座れる大きなテーブルがひとつ席を仕切られたり、「十割しかありませんが、よろしいでしょうか?」と有無を言わせないような説明に、ノーとは言えない緊張感が漂います。

味わったのは、十割、1200円。他には、そばとろ、鴨せいろなどがあり。天ぷらはなし。混んでいるみたいだから、と他の人に合わせてしまった。遠慮なんかしてたらいけないけれど、ちょっと高めだったし。

三連休の中日。12時台だったので、続々とお客さんが入ります。ご主人がひとりで調理も接客もこなしているよう。忙しいのは当然です。人手を確保するのはかなり難しいのかしらん。

そばは、コシがある、細切りの、のどごしのよいおそばでありました。産地は特に書いてはありませんでした。そういえばご主人、「最初は何もつけずに召し上がってください」とわざわざ声を掛けてましたっけ。いろいろとこだわりがありそうな気配。

そばのボリュームはまあまあ。茹で方も水切りもグー。器も好みです。そばは、茹でで100g以上ありました。ただ、薬味は、ねぎ、わさび、大根おろしの3点が付くものの、直径5mmの円に入ってしまう量。いったいこれは何だろう。

実は、残念なことに、この民家の独特の匂いなのか、ナフタリン臭がずいぶんと強く匂い、そばの香りはどこか行ってしまいました。つゆの味もなんかよくわからなくなってしまった。どなたかの衣類の樟脳の匂いだったのかも知れません。まさか、そんな匂いによって、そばの風味がかき消されるとは。のどごしはバッチリだったのですけどネ。

大好きな鎌倉の町は、何件もそば屋さんがあります。どのお店も、長蛇の列。また来なくては!

まずは、今年の新そばに乾杯です(お酒、飲みたかったな)。

« 次の本へ | トップページ | 岡部嶺男展 »

おいしいもの 外ご飯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/60713048

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちそば処 鎌倉武士:

« 次の本へ | トップページ | 岡部嶺男展 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31