無料ブログはココログ

« すご過ぎて喜びが追いつけない | トップページ | 次の本へ »

2014年11月18日 (火)

自作の台ふき

これがベスト!と定まらず、ウロウロしている家事グッズが、兼業主婦生活ウン十年になりますが、いろいろあります。

代表格が、台ふき。

厚過ぎても、薄過ぎてもだめ。

柄がヘンでもだめ。

(値段が)高過ぎてもだめ。

そんなにハードル高いと思わないのですが、意外にありません。台ふきごとき、と思いつつ、毎日使うから、ピタッと来るものが欲しいと思ってしまうのです。

そしてこの数年は、ソーイングで余ったガーゼ生地の端切れでの手作りに落ち着きました。

こちらが初代。ガーゼの生地を4枚くらい重ねたもの。

Img_4049

そして、こちらが2代目の新バージョン。無印良品で買った布巾が薄く、使い残していたのを、フェイスタオルを中にはさんで吸収性をよくしました。フェイスタオルを半分に切り、ミミなど厚い部分を切り落とし、さらに半分に折ってはさみ、ロックミシンで周囲を縫い込みます。

黄色っぽかったり、緑っぽいのは、柄がすざまじいフェイスタオルを使っているから。

いったい何に使えというの? という不思議なタオルをときどきもらいますが、こういうときに遠慮なく使えます。

Img_4038

Img_4032

いまのところ、水をよく吸い、乾きもまぁまぁ。漂白にもかけられるので、初代より満足しています。

ないから自分で作る。
これが、そもそもの私のソーイングの原点でした。だから、実用モノばかりなんだなぁ。

なかなかこれ!という決め手がない台ふきに比べ、お皿ふきは、もう一生ものを決めています。無印良品の大判ふきん。

Img_7579

大きさ、手触りや厚み、コスト、よくできてると思います。(写真は、消費税が5%のときのものでした)

« すご過ぎて喜びが追いつけない | トップページ | 次の本へ »

マイウエイ ソーイング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/60670091

この記事へのトラックバック一覧です: 自作の台ふき:

« すご過ぎて喜びが追いつけない | トップページ | 次の本へ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31