無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月22日 (月)

牡蠣!

寒い、寒い。

けれども、ちゃんと寒い、ちゃんと暑いことで、食材たちは順調に成長、おいしく育つ。
いまの白菜や大根のすばらしいこと! 大根など、皮をむくだけでみずみずしさの完璧度が伝わってくる。まだ寒の前だよっ

寒いおかげですばらしいのは、野菜だけではない。というか、真打ちはやはり魚介か。フグ、アンコウ、ノドグロ、カニ、ブリ…思い浮かべるだけで胸がぞわぞわする。

フグとかカニといったご馳走は簡単じゃないけれど、今日はこれで幸せに浸った。

Img_4155

シンプルな牡蠣めし。ちゃんとカツオ節でだしを引き、ちょっと料亭気分(本当に格の高い料亭では、白飯が最高との位置づけらしい)。あっ、生姜をのせ忘れた。

レシピは、調理科学を取り入れた料理の説明が上手な、分けとく山、野崎氏のレシピで初調理。炊き込み用の汁は、だし10、醤油1、酒1の配合。これは覚えやすい! (←好みだけど、醤油はもう少し少なくてもOKかな) だしは、どちらかというと、昆布の方が好みかな。

子供の頃、牡蠣はグニュっとして、捉えようがなくておいしいと思えなかった。山あいの町に住んでいたせいか、それともあの味は、オトナにならないと理解できない深い味ってことだろうか。それが、いまは、本当は生牡蠣がとっても食べたい。

でも、私の信頼する料理人は、夏の天然岩牡蠣を除いて生食は危険、出さない方針という。それを聞いて以来、すっかり手を出さなくなった。自己責任で食べるのも、ちょっとなぁ。貝毒にしろ、ウィルスにしろ、細菌にしろ、中毒の原因や仕組みがわかってきていても、現物を見て判断することはできない。

で、ここはおとなしくと、ぷっくりとした牡蠣の旨味が濃厚な牡蠣めし。こうしたおいしいものが食べられるんだ、生牡蠣ぐらい我慢我慢我慢 いつか爆発しそう…

奥は、白菜漬けと黄柚子。塩を振っただけのなんちゃって白菜漬け。白菜に冬パワーが詰まっているせいか、二度漬けをしなくても甘味がのって、とてもおいしい。これらの組み合わせ、そして牡蠣めしとの組み合わせも至福だ。

牡蠣の収獲作業を思い浮かべると、どんだけ寒いだろうと思う。白菜だって柚子だって、屋外のキツイ仕事だ。生産者さんたち、そして自然の恵みに感謝する、ココロは温かい寒い毎日。

2014年12月21日 (日)

すっきり&どんより

このところ、これまでになく気分が滅入る。特に朝は絶不調。我ながらブサイクに不機嫌で、周囲に迷惑とわかりながら、態度を変えられない→自己嫌悪、の悪循環。これがいわゆる更年期かしらと、思い当たる病名(病名というより、現象だけど)をつけて、家族には自分の正当性を触れ込んでしる。

そんなこんなの先日、室井滋さんのインタビュー番組を見た。いつも表情豊かで明るくて、生活観があるんだかないような室井ワールドは底抜けに楽しい。不機嫌なんか無縁そうなヒトだなって思っていたら、ある理由によって不機嫌になり、周囲が迷惑を被っているらしい。

耳を傾けていると、その理由とは、「お腹がすくこと」 …… 。インタビューによると、お腹がすくと、もうダメ、なんだそうだ。そのため、楽屋に入るのも、充分食事タイムを取ることを計算した上でだそうで、化粧の時間は必要最低限しかとらず、逆算して準備するのだそう。

アハハハ…と思いっきり笑っていたら、ふと、自分に思い当たることがあった。

私が極端に他人との違いを感じるのは、睡眠時間だ。多少おなかがすいてても、おいしいものが食べられなくても大丈夫。そのヘンは室井さんとは違うけれども、睡眠時間が短いと(7時間以下)、もう、ダメよダメダメ~。周囲に迷惑とわかっていても、アウトオブコントロールで、私は感知しない。

そうだったのか、この半年、異様に私が機嫌が悪いのは睡眠時間問題を解決できていないからだったのか。

今年から家族のお弁当準備の関係で、これまでの人生で最も早起きをする、5時半起き生活へと変わり、とにかく、辛くてしようがない。土曜もそれがあり、週休二日だった身にはダブル攻撃。早く起きることに加え、夜更かしできないことがなおさら辛い。

10代、20代に存分に楽しんだ夜更かし好きはもう変えられないのだろう。ちっとも習慣が変わらない。それどころか、今日、久しぶりに「おなかすいた、朝ごはんまだ~?」と私を起こす夫が不在で、たっぷり寝れると思ったら、朝8時に夫から(くだらない用事で)電話。睡眠を中断されたことにハラが立った。その時点ですでに8時間は寝ていたのだが、まだ眠れる。まだイケル。とにかくヒトに起こされたくないのだ。きのうの夜の映画、サイコーだった。

加齢とともに睡眠時間が短くなるなんて、嘘ばっかし!!!!! 半分怒りつつ、半分、睡眠と夜更かしがハッピーの源である体質を納得するしかない。

書いていると情けない限りだが、室井さんのおかげで、人間にはそれぞれ、得意不得意があるんだ、多少迷惑をかけようとも、よいところを発揮すれば、お互いさまでやっていくしかないんだと納得している自分がいる。もちろん、本人なりに配慮はしないといけないと思うけれど。

が、5時半に不機嫌ではなく起きるには、9時半就寝が必要だ。それでは夜更かしはできない。両立の道は遠い。このジレンマ、確実にあと3年強続く。しかし、あと3年と思ってがんばる。

2014年12月 7日 (日)

なくなるもの、増えるもの

いつの間にかなくなっているもの…

私の場合、お弁当用の繰り返し使えるタイプのカップが代表。今日も、アレアレ?と忙しい朝の時間に探し回りました。

きっと、また、流し台のごみ受けに落とし、そのまま捨ててしまったに違いありません。

気づかずに捨ててしまったドジには少なからずがっかりだけど、補充がきくことだし、100均で買えるのだからたいしたことではありません。

ですが、いつの間にかなくなっているもの、として、流せない問題が、アラフィフに突入して日々に出没しています。

髪のツヤ

明るい顔色

一度で覚えられた記憶力

書類を書くときに困らない視力

次々出てくるぅ

しがみついているつもりじゃないけれど…

じゃ、逆に、いつの間にか増えているもの。

ネットに溺れる時間

白髪

シワ

肌の乾燥

同じ話を繰り返してしまうこと

イヤイヤ、こんなんばっかり。

少しはよいものもあります。

他人の立場への思いやり

とか、

高齢者へのいたわり

とか、

健康への感謝

とか、

他人の親切への感謝

とか

子供たちの人間的成長

とか。

こうして比べてみると、

自分のことばかり考えると減っていくものが多い。

他人との関わりに注目していくと、増えていくものが多いみたい。

そして、若いときを基準にしていたら、失っていくものばかりになってしまう。

ミドル世代である自分を認めて、いつくしんで、手元にあるものやできるものを大切にしていく姿勢でいないと不満だらけになってしまいます。まだまだ数十年もあるというのに。

自分で、こうありたいと決めていかないと、ね。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31