無料ブログはココログ

« ビストロ集(町田) | トップページ | あっぱれな体力 »

2015年2月12日 (木)

鴨そば 塚田農場(西新橋)

ふと訪れた店が、期待以上の味を提供するのは、充実感のあるひそやかな楽しみだ。

今回入ったお店は、西新橋にある塚田農場が経営するそば店。鴨そばを売り物にする、個性的なカテゴリーのそば店で、虎ノ門砂場がすぐソコ。小諸そばも隣じゃないかといったそば店の激戦区。

この店を経営するのは、多彩で個性的な飲食店を何種類もチェーン展開し、食材の調達法や売り方、人材育成にも注目が集まるAPカンパニー。店づくりはおもしろいけれど、でも、そば店の展開はどうなのだろうと思いながらとりあえず入店、注文した次第だ。

カウンター席のみの店、食券は自動販売機。味気ないかなと思いながら、看板の特製鴨そば890円(せいろ)を注文。4人の従業員で、30席ほどの店をさばいていた。

味わってみて、想像以上の味わいに、正直言って驚いた。まぁ、店づくりから、こぎれいな立ち食いそば店のイメージを抱いていたから、ハードルは低かったのだが、そばの香りのよさとボリューム、そして鴨肉のやわらかさは、これまでに食べたことがないタイプで強い印象が残った。

つゆは…カツオだしや醤油の味が充実したものとは言い難かったが、でも、充分だろう。

行った日は、そばは伊吹在来、最上在来と表示があり、手打ちそば店でよく聞く銘柄ではない。手打ちとは掲げていないので、たぶん機械打ちなのだろうけれど、でも、きちんとしている。細めに切ってあり、ボリュームはそこそこあり、女性や大食漢ではない男性ならば満足することだろう。のどごしもよく、香りも伝わってくる。

鴨肉の出し方もよかった。通常は、つゆで軽く煮てあることが多いが、ローストビーフのように中はレアに焼いた鴨肉で、それをスライスして4切れを皿盛りで提供する。その肉を、アツアツに保ったつけ汁にしゃぶしゃぶを泳がせて熱を加えてから味わうという趣向だ。

調べると、この鴨肉は、山形県最上郡に直営鴨舎を設立し、生産しているとのこと。国産鴨の自社生産とは発想がAPカンパニーらしい。昨年5月から雛の飼育を始めたばかりという。

鴨せいろは、たいてい、1500円から2000円くらいはする。それを、1000円以下で、しかもゆで方、水切り、のどごしたちゃんとしたそば、やわらかさに驚く鴨肉で味わえるのだから、CPはなかなかではないかしら。

新そばの次は、冬の気配が近づく頃、鴨せいろを楽しむ私には、楽しみになりそうなそば。

西新橋店は2月末にリニューアルとのことで、この後、商品や価格、そして店展開はどうなるかわからないけれども、増えて欲しいなと思う。

あと、アルバイトだろうか、従業員の若い女性と男性の方が、とてもいっしょうけんめいでにこやかだったのが、ますますお店をいい感じにしていた。

飲食店の仕事は、時間も条件もなかなかよくないだろうけれど、きびきびとにこやかに働く人たちがいるお店だと、持っている以上の味に感じるものだと、歳を重ねて思う。

お客さんたち、せめて、「ごちそうさま」と言ってお店を出ようよ! なんか最近、お店の人の接客がよいのに、お客側の無愛想な態度にイヤな気分になることが多い。

« ビストロ集(町田) | トップページ | あっぱれな体力 »

おいしいもの 外ご飯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/61178378

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨そば 塚田農場(西新橋):

« ビストロ集(町田) | トップページ | あっぱれな体力 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31