無料ブログはココログ

« 校了作業が革命的にラクになった | トップページ | 縁会 »

2015年2月 2日 (月)

存在感のある、一つのある結末

連日のイスラム国のニュースが、最悪の状況を伝えて一つの区切りを告げた。

自己責任を飲み込んで単身で危険な地に赴いた後藤氏。いま、マスコミからは彼を英雄視するような情報や記事が次々と伝えられている。それと同時に、政府の対応や後藤氏自身への批判もあふれ出したかのように文字が躍っている。

私は無力感を強く感じていて、なんか、今日は落ち着かない。

彼の行動は、いくら自己責任であってもどうなのだろうと思ったり、しかし、個人の志を摘み取ることもできないだろうと考えたり。

今年の大河の「花燃ゆ」を見ていて、吉田松陰という人の気持ちの強さ、信念の太さに、ドラマながら関心しているところだけれど、人が、こうしたい、ぜったいこうする、と思う気持ちは、何と強いものだろうと思う。それを持ち続ける人は、いったいどういうきっかけがあったのだろうと思う。

彼は、そんな、信念を持ち得る人のひとりなのかも知れない。

彼の行動や判断は、イスラム国という相手や、日本の立場を関わりを考えるとなんと言っていいのかわからない。でも、自分にはやりたいことがあり、伝えたいことがあるのだという意思があったから、命をかけてまで危険な場所に行ったはず。

それは、もっと、大変な状況にある国に関心を持って、どうしたらよいか考えて欲しい、力を貸して欲しいというメッセージなのだろうか。

ご冥福を祈ります。

« 校了作業が革命的にラクになった | トップページ | 縁会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/61075919

この記事へのトラックバック一覧です: 存在感のある、一つのある結末:

« 校了作業が革命的にラクになった | トップページ | 縁会 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31