無料ブログはココログ

« 平塚 樹勢にて | トップページ | 健康は、自分で作り出すもの »

2015年7月 7日 (火)

日本料理、ガラパゴス化と呼ばれる中で

和食が世界文化遺産に認められたのはよいことなのだと思うが、それ以来、混乱が深まるばかりのことがある。

世界文化遺産で言っている和食と、

家庭料理で言っている和食と、

日本料理屋さんで言う和食と、

最近の海外での和食ブームの意味する和食があって、

どれもが和食なんだけれど、あまりに範疇が違う。

私が感じるところでは、

世界文化遺産の和食→一汁三菜

家庭料理の和食→おばぁちゃんぽい昔からの料理

日本料理屋さんの和食→会席、もしくは懐石料理

海外の人から見た和食→懐石、会席、すし、そば、うどん、カレー、とんかつ、やきとり、天ぷら、牛丼…

形式や、食材、料理法などの特徴が、あっちゃこっちゃでからまり合っているから、どれもが和食ともいえるし、決め付けるには不自然でもある。

だけど、そろそろ使い分けが必要ではないかしらん。

新聞やネット記事などで「和食が人気」と書かれていると、それは海外のラーメンやとんかつ。「和食の未来は厳しい」と書かれていると、高級日本料理としての和食。

同音異義語と同じで、前後の文脈で内容を判断している感じ。きちんと定義づけしていかないと、どんどん収拾がつかなくなりそうだ。

いまミラノ万博の日本館では、会席料理としての日本料理を提供しているようだ。値段が高いと訪れる人に言われつつも、「そういうもの」と認められ、評判もそこそこらしい。同時に、日本館では、カレーとかラーメンも、和食として紹介されている。ここでは、外国人からの目線による定義として、和食とは、日本で食べられている日本オリジナルの料理と定義されているのだろう。

しかし、いま人気があって元気のあるラーメンやすし、すきやきといった和食は、世界文化遺産の和食、一汁三菜とはかけ離れていないか?! 一汁三菜の形式を重んじて提供する懐石料理は、ほとんどの日本人、食べたことがないんじゃないか?そしてガラパゴス化しているといわれても反論できないんじゃないか?

日本人にとっての和食を、現実的な意味で定義しないと…

それにしても、世界遺産って、本来の意味よりも、それでひと儲けしたい人が欲しくて仕方ないお墨付きみたいになっちゃって、あんまり増やすのもいかがなものか。


« 平塚 樹勢にて | トップページ | 健康は、自分で作り出すもの »

料理系日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203296/61811415

この記事へのトラックバック一覧です: 日本料理、ガラパゴス化と呼ばれる中で:

« 平塚 樹勢にて | トップページ | 健康は、自分で作り出すもの »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31