無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ

2017年5月

2017年5月14日 (日)

家事から離れることがプチリッチ

家族3人で朝御飯に出かけた。

下の娘が大学生になり、「もう、自分のことは自分でせよ」と、負い目なく言えるようになった。娘にとって同世代の人は、仕事に就く者あり、親元を離れ自活する者もある。これまでのように、何から何まで親がかりでは、甘やかしである…というのが親側の主張だが、実際は、我々親側も、ますます掛かる学費に合わせて仕事を増やし、「休みの日くらい楽させてくれよー」と言いたいのである。

が、何気にその気配を察する娘は、「明日の朝、私もついていく」とアピールしてくる。
高くつきそう…

ともあれ、3人の朝外食。私にとっては贅沢なものだ。以前から気になっていたすかいらーくが経営する、「むさしの森珈琲店」に行ってみた。

その店に着くまでは、途中、「コメダ珈琲店」があり、「デニーズ」、「マクドナルド」もある。ふと思ったのだが、半年前に見かけたときより、コメダもデニーズも朝食客が少ない。どちらもクルマや自転車で行くような店だから、駐車場を見れば丸見えのようなもの。

まさか…と思いつつ、それらの店から200メートルほどの「むさしの森珈琲店」に到着すると、途中で見かけたライバル店のどこより、クルマもチャリも多い。オープンして数カ月だろうが、とりあえず、朝の時間帯としては地域一番店になっているようだ。

中に入って思ったのは、コメダやデニーズ、マックにない工夫を、後発ゆえにうまく取り入れているということだ。

ゆったりとしたテーブルとチェアからは木製のいい香りがする(まさかアロマということはないよね)。質感もいい。安普請の感じがあまりしない。

店内には、ぐるりと、いったい何十種類あるのだろうという他種類の雑誌類。ファッションや料理、ナチュラルライフなど、ジャンルが広く、子ども向けの絵本もあった。囲まれているだけで、贅沢な気持ちになっちゃう。

そして、ここが一番違った。客層が若いのだ。若いファミリーが多く、デニーズ、ガストで多く見られる、子どもが巣立って時間があるだろう中高年が主役ではない。

メニューは、正直言って、ちょっとお高い。単価は700円くらいだろうか。だけど、トーストのバターがたっぷりだったり、コーヒーは2杯分あったり、付け合わせの野菜にルッコラや水菜など、レタスやキュウリの姿がないなど、ちょいとお洒落で納得してしまう。家ではなかなか実現できない、プチリッチさを、しつらえやメニューから、感じさせていることがいいのだと思う。

子どもたちの元気な声が響いて、静かでゆったりといった雰囲気とは違うけれど、子育てに仕事に忙しい母たちはきっと気分転換になっているだろう。子どもたちがあのくらいの年頃は、朝ご飯はマックに行くくらいしかなかったなぁ。

自分の子育て期に比べて、変わらずに、いやそれ以上にママたちは忙しくなっていると思う。子どもに手がかかるのは相変わらずだし、部活やら塾やらPTAやら、親の負担は軽減傾向にあるものの、だからといってヒマにはならない。子どもにかかるお金は、増えても決して減りそうになさそうだから、仕事もしなくちゃと思うし、ラインやSNSなんかの人づきあいも、楽しいながらもけっこう時間をとるものだ。

ときには気分転換、日常の家事からちょっと離れてリフレッシュ。
自分もそうだけど、仕事を増やして稼ぎも少し増えると、がんばっている自分のリフレッシュ代に、少しくらいと、財布のひもは緩む。気付けば、以前には買わなかったお総菜をときどき買ったり、ちょっと高めの野菜はフルーツ、肉など、少しずつプチ贅沢に手をのばしたり、余分な雑誌を買ったり…。

政府が推進する女性活躍のスローガンは、よく働き、よく使え、いろいろな産業にお金を循環させよというメッセージでもあるんだろうナ。

ああ、今日ものってしまった。

« 2015年7月 | トップページ

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31