無料ブログはココログ

ハムスター

2015年2月26日 (木)

あっぱれな体力

前回の、ハムスターのカテゴリーでは、“ハムケツ”をテーマにしたんだっけ…

あんなのどかな記事とは真逆の状況がしばし続き、愛ハムの5代目が星になった。気が付けば、2年と4ヶ月を一緒に過ごしていた。具合がよくないなと気づいてからたった4日のことだ。お店で出会ったときはたぶん生後1~2ヶ月だっただろうから、だいたい2年半。じゅうぶん一緒に過ごしたと思う。

ハムスターの寿命は3年以内と、もともと短いだけでなく、具合が悪くなってからの悪化の仕方が、本当に早い。

これまで育ててきたメモを見ると、もう長くないな、一週間持つだろうかと考え始めてから数日だ。3~4日。その間奇跡が起きないかと願うけれど、叶うことはないのだろう。

今回のハム君は、来た当初から、元気さに驚かされる子で、最期の最期まで、体力があったことが印象的だった。星になる前日まで、ヨロヨロしながらもケージの中をゆったりと散歩し、逃げ出すような気配さえあった。たいていの子は、徐々に食欲が衰え、痩せていってしまい、最低限の動きしかできないが、この子は違った。体つきも、丸々したままで、毛のツヤもよかった。なきがらを手のひらにのせたとき、毛がふさふさしていて、まだ生きられたかもしれないと思えて悲しくなった。

よく食べ、特にキャベツやもやし、サラダ菜、大根葉といった野菜を毎日手のひら一杯分あげていた。捕食される側の生き物は、弱みをかなりぎりぎりになるまで見せないというけれど、今回のゴールデンはみごとに隠し通し、その通りで、全く食べず、トイレにも行かず、弱っていると感じさせたのが、死んでしまう4日前だった。私が鈍感なだけだったのだろうか。

かつていたジャンガリアンは、徐々に衰えていく体力に合わせて、住みかのレイアウトを変え、段差をなくし、少しでも心地よいようにと毎日様子を見て、数ヶ月かけて衰えていったのに…

性格も、生き様も、旅立ち方も、一匹一匹違う。だからこそかけがえがなく、愛おしい。

2014年3月24日 (月)

我が家のハムケツ

ハムケツが人気だそうで、我が家の歴代ハム君の写真はないかと探したところ

少しありました。

無防備な感じがイイんだよね。ときどきフン付いてるし。

これからはもうちょっとローアングルでお尻をしっかり狙おう。ネバーまとめサイトなど見ると負け負け。

Img_1970

Img_5682

Img_5390_2

Dscn1993

まだハムケツは撮っていない、5代目のルイ君。毎晩、リビングはガラガラと回し車の音が響き渡っております。温かになってきたせいかますます元気。

もう2年たっているのに、毎日、初めて会ったかのようにびっくりして逃げます。カメラは意外にOKだね。

Img_0183

2013年7月19日 (金)

今ごろ気づいた、ゴールデンは個性的

曜日ごとに掃除する場所を決めています。

金曜日の掃除場所のひとつが、ハムスターの家。

そういえば、長いこと、ハムスターのことを記録しておりませんでした。

記録をしない間に、4代目が星になり、いま5代目。

自分でも勝手だなと思うのですが、元気のよい子ほど、「かわいい、かわいい」とケージ越しに眺めて満足するせいか、写真がありませぬ。この子も活発で楽しいタイプ。ほとんど写真を撮っていませんでした。活発過ぎて、ケージを覆うタオルがボロボロ。

このままではさびしいとので、急遽、撮影。

Img_8478_2

昨年の11月にお迎え。4代目のジャンガリアンが星になって、すぐ 来てもらいました。

まだ1年経っていないので、若くて元気。ひと晩中回し車を楽しんでいて、最初の頃、その音を、パン焼き器が稼働中かと勘違いしたほどです。今はすっかり慣れましたdog

最初の頃は、「どうして夜中にパン焼き器が回ってるの?」と、私が夜中に起きたり、朝、家族から苦情が出たり。ゴロンゴロンガランガランと、回す勢いがすごいのです。

豊富な運動量のせいか、心なし、モモや肩の筋肉の付き方がいい感じです。すごーく気に入ってます。

ゴールデンは3匹目。それぞれ固体によって性格が違うのは当然とは言え、ジャンガリアンより、かなり幅があると、今頃気がつきました。

1匹目が獣医さんに驚かれるほど愛嬌がよい子で、2匹目がほとんど姿を見せようとしないひきこもり。3匹目であるこの子が、ほどよく愛嬌があり、ほどよくひきこもりです。でも基本は臆病。私の顔を見ると、ダッシュで逃げていくときも…すごく虚しい。

そして、3匹の中では運動神経がよく、回し車の回し方が、早い!うまい!長い!

個性豊かなゴールデンに比べ、2匹飼ったジャンガリアンは、慣れが早く、2匹とも愛嬌があり、飼いやすい。性格の幅が、ゴールデンに比べていい意味で狭い気がします。

ゴールデンは、呼んでもこない…かと思えば、呼んでないのに、ケージにへばりついてご飯を待ってたりして、毎日、毎日、思いがけぬ反応。

飼い始めて9年目。全然飽きないわぁ。

2011年6月 6日 (月)

ハムの体臭

3代目のハムが星になってから、4代目のハムを飼い始めました。

ゴールデン希望だったのを、家族の要望でジャンガリアン。先代の引きこもりココア君とは違って、ごく普通の人なつっこい食いしん坊の女の子。顔が見られないということがないので、写真を1枚も撮っておりません。

この子、当初から、ちょっと問題を抱えていました。 においがちょっと強く、それがどんどん強くなって、いくら毎日トイレを掃除しても、ケージ全体を掃除しても、直後から臭うと言われてしまったのです。今までのハムではこんなことなかったのに。

個性なのか、病気なのか どうしてなんだろう… 今までの子と違いは何だろう !!!!!

思い当たる節がありました。この子、チーズが大好物。

一週間ほど禁チーズにしたら効果テキメンでした。私はそもそも気になっていないので違いがそれほどわからないのだけど、家族が「臭わなくなった」と合格をくれました。

人間の体臭同様、ハムも、食べ物でこんな影響が出るのですねぇ。小さいから余計にかも知れないけれど。

チーズをもらうために必死な顔を見るのはつらいけど、共存していくために我慢してもらうしかありません。

食べ物ってやっぱり大事。体質を操作できてしまうほどに影響があるものなのですね。

2011年1月24日 (月)

一つのお別れ

とうとうやって来てしまいました。3代目愛ハム君が星になりました。厳しいかなと思ってから、4日。飼って2年と3ヶ月。ケージの中で、いやに体が大きく、売れ残りとすぐわかるハムだったので、実質2歳4~5ヶ月くらいだったと思います。

こんな引きこもりはいないと思う、人間嫌いのハムで、結局一回も抱っこはできませんでした。死んでから初めて。これはちょっと切なかった。

人懐っこかった1代目、2代目のハムに比べて、可愛がれるかどうか心配しましたが、やはりどんな子も個性が楽しく、彼に慣れるに連れ、楽しめ、愛情を注げました。

彼の最期は、地下の巣箱から地上に頭をちょこんと出している姿でした。朝、動かないでいるのを発見し、絶句しました。育てているとき、一週間に一度しか巣箱をのぞけないストレスの強い子だったので、この子は、最期を発見するのが遅れるだろうと心配していたハム。動くのもやっとだったのに、どうして上がろうとしたんだろう、よく前足をかけられたなぁ、私たちに挨拶に来てくれたのかしら…と、考えるたびに目が潤みます。私が一番嬉しかった、穴から顔をひょこっと出した最期の姿で逝ってしまった。

こういうことは覚悟して飼っているはずだし、3匹目でだいぶ慣れてきてはいると思うのですけど、毎回涙。いつも、こんな私情をわざわざブログに書かなくてもって思うのですけど、自分の気持ちを整理するために、自分に向けて書いているのだろうな。私なりに、生きることの現実を、小さな動物を飼う経験で、少しづつ受け入れ、強くなれている気がします。

君のこと忘れない。精一杯生きる姿を、ありがとう。

娘がスケッチしてくれました。穏やかな表情がよく出ています。

Img104_2 

2011年1月20日 (木)

厳しくなってきた

愛ハムのココ君が、エサを取りに上がってこれなくなりました。ハムスターの老いは、本当にある日突然のようにやって来ます。今日は目をぱっちり開けました。

嫌がるけれど、毎日巣箱にエサを補給。大寒。寒いけど、どうにもできないけど、がんばって欲しいと思います。

Img_6039_2

2011年1月11日 (火)

新年初撮り

お正月早々、帰省のため家をあけ、ココア君は二晩お留守番してもらいました。普段だったら連れて行くのですが、ここよりもはるかに寒い家2軒に、一泊ずつの連泊、さらに車での移動は、老齢のココア君にはかなりのストレスになるだろうと考え、山盛りのご飯を置いていったのでした。

心配だったけど、元気な彼と再会でき、ほっとすると同時に、あとどのくらいだろうと思ってしまったのも事実。命は限りがあるんだと、毎日思います。

Img_6026

まだまだ寒いけど元気。この冬を乗り越えようね。

2010年12月 7日 (火)

赤ちゃんみたい

Img_5809

先週のそうじのときの顔。両目とも目やにのせいか、開いていなくて、不安そうな様子で、そうじ済みの部屋に移っていきました。

心もとないような表情を見ていて、ふと、生まれたての赤ちゃん(人間)を思い出しました。目をあけず、ゆったりした動きで、こわごわしているようなあの壊れそうな存在。彼の生まれたての様子は知らないけれど、きっと、人間と同様に、あんなカオしてたんだろうな。

Img_5813

Img_5820

Img_5821

後ろ脚の関節がだんだん硬くなっているのか、動きが少し鈍く、出入り口に脚を引っ掛けてました。もたついていたために、こんな奇妙なお尻写真を撮ってしまった。ごめんねぇ

2010年12月 1日 (水)

マイペース

ただ眠いのか…お疲れなのか。つやのない表情。高齢のせいか。悪いほうに考えてしまう。

毎晩、エサはしっかり持って帰っていて、部屋に溜め込んでいます。申し訳ないけど、掃除して回収。補充してあげますが、本人はどう思っているのだろう。

私と違い、ほとんどココ君の姿を見ることがない家人は、「あのハムが、こんなに長く生きるとは思わなかったよ」と、ガサゴソと音がするのを聞きながら言います。

極端に臆病で怖がりのココ君、飼われること自体がストレスの様子で、掃除もまめにできないこともあり、病気になりやすいだろうから、あまり長くは生きないだろうと、私も思っていました。

しかし、2年以上飼ってきて、どうやらそれは大きな誤解で、どうも、ただのマイペースらしいと最近確信するようになりました。

夜中には相変わらず、回し車に重そうに乗っている音がします。嗚呼、姿が見たい。

Img_5668

腰のハゲが小さくなっていました。体はまだまだ柔らかい。こんな可愛い毛並みを見ると、私は、毛皮は着まい!と思ったりして(持ってないけど)。

Img_5681

また来週!

Img_5682

2010年11月23日 (火)

目が開いていない…

ちょっと心配な状況。

眠っているところを起こしての掃除をしたら(いつもそうなのだけど)、両目とも目やにがあるのか、開けられない様子。歩き回る姿は、普段と変わりなく、異常は感じないのですが。

以前にも、数回、片目が開いていないときがあったので、たぶん、問題ではないと思うのですが。

翌朝、エサはしっかりと持って行きましたから。

Img_5588

Img_5594

次週、いいカオを見せておくれ。

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31