無料ブログはココログ

おいしいもの 家ご飯

2015年4月22日 (水)

思いがけなくおいしい筍

ずっと天気が悪かったんだと気づいたときにはもう遅い!
野菜が、みごとに値上がりしてしまいましたネ

一週間を越えると、もうあれよあれよという間。

そのせいで、今年は筍が2割ほど高めのようです。

それが、今年は仕事の縁で、水煮の筍をたっぷりと頂きました。
Img_4551

直径は15センチほどもある、太めの孟宗竹です。3パックも頂いちゃった。

買い物をしていると、国産筍の値段の高さには、本当に驚きます。こぶし1つくらいで、800円くらいかな。中国産なら100円で買えることもありますが、何気に値上がりしている…

このサイズで、鹿児島産。しかも宮内庁御用達とあるから、品質もきちんとしていることでしょう。大喜びしました。

ですが、レトルトだし、鮮度のよいものを自分で下茹でした筍より風味はかなわないだろうと思ってました。

が、が、

煮物、筍ご飯を作ったら、通常この太さならガチガチに筋っぽい根元が、コリッと心地よくやわらかく、おいしいのです。香りもとてもよい。

頂いた方に聞いたら、工場で大鍋で下茹でしているから、一般家庭で茹でるよりやわらかくなるのではということでした。私は、圧力をかけたりして茹でるのかなと想像。

充分にやわらかく風味がよいので、茹でてあるものをさっと湯通しするだけで、下煮もせずに、筍ご飯と味噌汁に入れました。家族には大好評でした。うちで仕込むのより、ずっとおいしい。

最近思うのです。
和食、特に日本料理の世界は、何もかもが高くなってしまう。器も、国産、天然の材料も。そこに人件費が加わって…ま、以前からもですが、富裕層の食べ物として一般の人には関係のない食べ物になっています。

そのことは仕方ない、変えられないと思っていたのだけど、こうして工場で下茹でされたおいしい筍を食べたら、何もかもイチから手がけるのではなく、こういうものを活用して、省力化しながらおいしいところは上手に生かす知恵もアリかと感じます。そうしながら価格を下げることができれば、もう少し手の届く価格帯の日本料理を何度も楽しむことができるのでは…と思ってしまいました。

日本料理は、あまりにも特殊過ぎる価格帯。お金を出せる人が食べればそれでいいのかも知れないけれど、でも、あのおいしさを楽しむには1食数万円かけなければというのは、1年に1回も楽しめません。手をかけるところ、抜くところを合理的に取り入れた、そしてもう少しお財布にやさしい日本料理というジャンルの登場を期待したいのです。

人生折り返すと、日本料理のおいしさがしみじみと体に行き渡ります。もっといろいろと食べたい、と和食への愛が強くなっています。

2015年1月22日 (木)

20年間で初めてだった献立

て地元の商店街でなければ使えない商品券が1万円分。期限が迫り、

居酒屋に行くか、

レストランに行くか

悩みに悩んで、

いちばんコスパがよいからという我が家では当然の理由から、
これまでに買ったことのないステーキ肉を、思い切って買うことにしました。

食べ物屋以外に、花屋さんとか、靴屋さんとか、化粧品屋さんとかでも使えたのですが、食べ物の以外の選択肢はハナから頭になし…

ああ、何て我が家らしい。

お肉屋さんでは、お店に入るのも、注文するのも、おのぼりさん状態でドキドキ…

Img_4258

そして、なんということでしょう。
夕飯の席で、考えもしなかった事実が発覚。

Img_4266

ナイフとフォークを用意して…と、台所の引き出しを捜したら、なんと、これまでフォークが未使用だったのです。

約20年前に友人から結婚祝いでいただいたナイフ。一度も使っていませんでした。

感動の余り、お肉の写真を撮った娘の気持ちが、そのとき、ズシリと響きました。

ナイフが語る、我が家で初めてらしき、豪華ステーキのディナー…

やっぱりにんにくチャーハンでしょ!と、こちらも張り切りました。

Img_4263

そして、高級(我が家にとって)牛肉の威力はすごい。

食事中、声が出てこない。黙々と、しかし、お肉は残しながらゆ~っくり食べてる。

様子を見ていた私はちょっと切なくなりましたが、家族は、「またお肉を買おうね!」と、おそらく1年後になるステーキに、ノーと言えない強い執着をにじませていました。

これ、裏切ったら、一生恨まれそう。

2015年1月 4日 (日)

初挑戦のヒレ酒

好きではなかったのに、年齢のせいか、冬になると熱燗をほんの少し楽しむようになりました。

今年はさらに進んで、フグのヒレ酒です。初挑戦です。
飲んでみたかった。ホントは洒落た料理屋のカウンター席で。

Img_4216

期待で鼻も穴をふくらませて大事に頂いたら、……よくわかりませんでした。

フグがイマイチなのか、酒がイマイチなのか、飲み手がイマイチなのか、どれもこれもが原因として疑わしくて、特定できず。

初めて飲んだビールのように、慣れ、が必要なんだろうなと、次回を楽しみにすることにします。

ともあれ、寒いからこその“寒味”を楽しめるこの冬に、小娘のような気分で日本酒で乾杯したのでした。

2014年12月22日 (月)

牡蠣!

寒い、寒い。

けれども、ちゃんと寒い、ちゃんと暑いことで、食材たちは順調に成長、おいしく育つ。
いまの白菜や大根のすばらしいこと! 大根など、皮をむくだけでみずみずしさの完璧度が伝わってくる。まだ寒の前だよっ

寒いおかげですばらしいのは、野菜だけではない。というか、真打ちはやはり魚介か。フグ、アンコウ、ノドグロ、カニ、ブリ…思い浮かべるだけで胸がぞわぞわする。

フグとかカニといったご馳走は簡単じゃないけれど、今日はこれで幸せに浸った。

Img_4155

シンプルな牡蠣めし。ちゃんとカツオ節でだしを引き、ちょっと料亭気分(本当に格の高い料亭では、白飯が最高との位置づけらしい)。あっ、生姜をのせ忘れた。

レシピは、調理科学を取り入れた料理の説明が上手な、分けとく山、野崎氏のレシピで初調理。炊き込み用の汁は、だし10、醤油1、酒1の配合。これは覚えやすい! (←好みだけど、醤油はもう少し少なくてもOKかな) だしは、どちらかというと、昆布の方が好みかな。

子供の頃、牡蠣はグニュっとして、捉えようがなくておいしいと思えなかった。山あいの町に住んでいたせいか、それともあの味は、オトナにならないと理解できない深い味ってことだろうか。それが、いまは、本当は生牡蠣がとっても食べたい。

でも、私の信頼する料理人は、夏の天然岩牡蠣を除いて生食は危険、出さない方針という。それを聞いて以来、すっかり手を出さなくなった。自己責任で食べるのも、ちょっとなぁ。貝毒にしろ、ウィルスにしろ、細菌にしろ、中毒の原因や仕組みがわかってきていても、現物を見て判断することはできない。

で、ここはおとなしくと、ぷっくりとした牡蠣の旨味が濃厚な牡蠣めし。こうしたおいしいものが食べられるんだ、生牡蠣ぐらい我慢我慢我慢 いつか爆発しそう…

奥は、白菜漬けと黄柚子。塩を振っただけのなんちゃって白菜漬け。白菜に冬パワーが詰まっているせいか、二度漬けをしなくても甘味がのって、とてもおいしい。これらの組み合わせ、そして牡蠣めしとの組み合わせも至福だ。

牡蠣の収獲作業を思い浮かべると、どんだけ寒いだろうと思う。白菜だって柚子だって、屋外のキツイ仕事だ。生産者さんたち、そして自然の恵みに感謝する、ココロは温かい寒い毎日。

2014年8月31日 (日)

風は秋色♪

肌寒さが少し気になるものの、秋の気配にほっとする今日この頃。

お気に入りのスーパーで見つけた、おいしそうな食材を仕入れ、普段よりちょっといろいろ揃えて日本酒とともに楽しみました。中国産の松茸が出てました。秋本番の国産のものよりずっと安かったけれど、2本1800円では手も足も出ない。

一応、この日の目玉は焼き牡蠣と菊の酢の物、味噌田楽。豆腐から挑戦した厚揚げは見事失敗。簡単そうだったのに…

Img_3032

日本酒は奈良のもの。久しぶりの吟醸酒です。

秋の到来にカンパイと、気をよくしていつもより調子よくいただいていたら、いつの間にか眠っていました。年齢のせいか、疲れのせいか、不養生のせいか。量を加減しないと。

2014年2月17日 (月)

今回の雪、本当にやきもきしました。街はこんなに美しいのに…

Img_0280

日曜に買い物に行き、青物の野菜や油揚げや豆腐といった生鮮品、パンなどがないガラガラの棚を見て、雪の影響の大きさを実感しました。東名高速と中央高速が滞ると、こんなことになるんだ…

でも、冬ゆえ、寒ゆえの恵みを、今年は存分に楽しみましたゾ。

帆立稚貝の味噌汁。こんなの初めて見ました。

Img_0250_2

石油ストーブには焼き芋がマスト。

Img_0041_3

ナマコにも初挑戦。魚をおろすとき、目を見ると怖いんだけど、目がないって、もっと怖い!そして、このなんともいえない感触。かなりな恐怖体験です。1つ(1ハイ???)200~250円で滅多にない恐怖を体験できます。意外に安いです。

Img_0253_2

芹とゴボウ、豚肉を使う沢煮椀。きりたんぽ風の鍋でも芹とゴボウは必須の組み合わせ。風味の相性が絶妙。

Img_0267_2

クラムチャウダー。やっぱりアンタはおいしいよ。って、アサリが映ってない!

Img_0303_2

アジは夏が旬といわれるけれど、私の献立メモでは冬、とりわけ寒の季節にアジフライは何度も登場しています。スーパーでアジのまとめ売りを見かけると家人が「買おう買おう」といつも大騒ぎ。今回は刺身用だったので、特に美味。叩きが意外にも子供たちに好評でした。

Img_0295_3

食べ盛りがゾロゾロいる我が家では、つつましい材料使いの旬の味覚。単純な基本料理ばかりですが、満足なものばかり。とりわけ寒の時期は、いっそう旬の味に凄みがあるような気がしてくる。

ああ、来年までさようなら。

この雪で、今年は梅が厳しいかも知れない…。昨年、3月の霜で梅の出来がよくないと騒いでいたっけ。

今年は出来がいい、豊作という言葉のありがたさが、旬にこだわって料理をすることを心がけるようになって少しわかってきました。

 

2014年1月27日 (月)

大寒、海の幸

この子たち、すっごくおいしそう。

Img_0185

スーパーの売り場で目が会った、アラカブ君。

Img_0193_2


初めて見た魚です。カサゴの仲間だそうで、背びれのトゲが鋭い!クリクリの愛嬌のある眼が可愛い。

定番の煮魚にしました。

Img_0196

鍋やブイヤベースもよかったな。骨酒にするの忘れた…

煮魚の私のレシピは、クックパッドからいただいたもので、

味醂・水…各1/2カップずつ

醤油…80ml

酒・砂糖…各大さじ2

生姜…適量

を鍋で煮立て、ハラワタを抜いた魚を入れて10分ほど中火で煮るもの。少し甘め。

カサゴもメバルもカレイも基本はこれでOK。

あ~っという間になくなりました。

ご馳走様。

今回は付け合せにネギを入れましたが、ゴボウやピーマンを入れるのも好み。

煮崩れずにできたぞ!と満足ながら、ちっとも写真に華がない。器がかなり昭和だった…。

2014年1月23日 (木)

今年の鍋、おすすめ3種

大寒に入り、毎日食べていられる(作るのがラク?)鍋のシーズンとなりました。

子供たちにすっかり喜ばれなくなっているのは、基本の寄せ鍋系。何とか工夫しなくてはと、ちょいと考えてひと味変え、好評を得たのがこの3品。

揚げ餅入りの味噌味鍋。具はけっこう基本で、ねぎやエノキ、椎茸、里芋など。主役は揚げ餅。油のコクが加わっておいしいし、からだもあったまる。

Img_0071

食べる前に撮ればよかった…

ニラ、もやし、豚挽肉、春雨、椎茸、豆腐。鍋というより具だくさんのスープ。ごま油で具を炒めて、味噌で味をととのえます。ちょっとだけ中華だしの素をプラス。ちょっと辛くするといいと思う。ニラが、けっこうクセになる~

Img_0164

これは思い切ったアイデアで大成功。本当はル・クルーゼの鍋があるとよかったんだけど、万年土鍋で失礼。トマト味の洋風鍋です。具は、じゃがいも、玉ねぎ、キャベツ、人参、ソーセージ、鶏モモ肉、ブロッコリー、椎茸など。サラダ油で炒めてから水を加えてやわらかくなるまで煮て、トマト缶を1つ投入。塩をちょっとのコンソメで味をまとめます。好評な具は椎茸で、不評な具はブロッコリー。アツアツプシューのソーセージをマイユのマスタードで食べるのがおいしいのよ~

あと、ビールよりワインを用意すべきだった。反省。

参考にしたレシピでは、モツァレラを1個ドンと入れて溶いていました。ぜったいおいしいだろうけど、ちょっと勇気がない。

フランスパンが合うと思い、フォーションのバケットを御殿場プレミアウアウトレットで調達。コートを見に行ったはずが、皿とかパンばかり見ていて、時間がなくなった。

Img_0161
パンは、息子が面倒がらず、上手に温めてくれるので、任せっぱなし。とても助かります。
やっぱり鍋、おいしいよね。

2014年1月 7日 (火)

寒!

寒に入りました。

日本料理とお近づきになるまでは、寒の意味がよくわかっていなかったのですが、いまは、寒いばかりではなく、ご馳走が揃う時季と心得ております。

「1月の献立に入れたい食材は?」とある日本料理の料理人さんに質問したとき、

「寒サバ、寒ブリ、寒ハゼ、寒シジミ、寒ビラメ、寒ブナ…」と延々と続くお返事をいただきました。

野菜だって負けてはいません。

「寒堀たけのこ、寒中の田芹、下仁田ねぎ、うぐいす菜、こんにゃく芋…」

はいはい。

我が家では、これ!

焼き芋。マンションは暖かいようで、ストーブを1時間焚く1月にならないと、これは作れないのです。

Img_0041_2

寒とは関係ないけど、息子の焼いたホットケーキ。餅中心のお正月、久しぶりに食べたホットケーキはおなかにしみ、目に焼き付いた。

Img_0045_2

そして今日は七草粥。

「あんなちょっとで300円とか400円って高い」とスーパーで売っている七草セットのことを腹の中で思っていたら、買い忘れてしまい、大根で代用。

作り方は、奥園さんレシピで。米の5~7倍の水を入れて沸騰させて5分炊き、ふたをして15分蒸らす。食べる前になったら温め直し、水加減を調整してできあがり。

失敗なく、土鍋にはりつかずに作れるすてきなレシピです。
Img_0061_2

2014年1月 1日 (水)

3回目のお節料理

やっぱり料理のことから事始めです。

今年の我が家のお節。少しずつですが、内容が充実してきたかな。いわゆる伝統的なお節料理ではありませんが、家族の好みや健康を考えた我が家らしいものにしていこうと思っています。

今年の内容は、

黒豆、チャーシュー、根菜類の炊き合わせ、百合根の甘煮、有頭アルゼンチンエビ・帆立の塩焼き、ブリの塩麹焼き、イカと大根・人参のマリネ。

伊達巻とかまぼこは市販品。

Img_9986


Img_9998

黒豆が、ようやくしっとりふっくらと炊けました。3度目の正直です。

百合根の白煮は、初めての挑戦。買うときに状態を選べないのがつらいけれど、お正月ならではのワクワクする素材です。

塩分は極力控えましたが、食材の味がしっかりしていることと、慣れで、かなり減らせます。

薄味の我が家らしいものとなり、作った甲斐がありました。

さぁ、新しい年の始まりです。

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31