無料ブログはココログ

 野菜!

2014年1月23日 (木)

今年の鍋、おすすめ3種

大寒に入り、毎日食べていられる(作るのがラク?)鍋のシーズンとなりました。

子供たちにすっかり喜ばれなくなっているのは、基本の寄せ鍋系。何とか工夫しなくてはと、ちょいと考えてひと味変え、好評を得たのがこの3品。

揚げ餅入りの味噌味鍋。具はけっこう基本で、ねぎやエノキ、椎茸、里芋など。主役は揚げ餅。油のコクが加わっておいしいし、からだもあったまる。

Img_0071

食べる前に撮ればよかった…

ニラ、もやし、豚挽肉、春雨、椎茸、豆腐。鍋というより具だくさんのスープ。ごま油で具を炒めて、味噌で味をととのえます。ちょっとだけ中華だしの素をプラス。ちょっと辛くするといいと思う。ニラが、けっこうクセになる~

Img_0164

これは思い切ったアイデアで大成功。本当はル・クルーゼの鍋があるとよかったんだけど、万年土鍋で失礼。トマト味の洋風鍋です。具は、じゃがいも、玉ねぎ、キャベツ、人参、ソーセージ、鶏モモ肉、ブロッコリー、椎茸など。サラダ油で炒めてから水を加えてやわらかくなるまで煮て、トマト缶を1つ投入。塩をちょっとのコンソメで味をまとめます。好評な具は椎茸で、不評な具はブロッコリー。アツアツプシューのソーセージをマイユのマスタードで食べるのがおいしいのよ~

あと、ビールよりワインを用意すべきだった。反省。

参考にしたレシピでは、モツァレラを1個ドンと入れて溶いていました。ぜったいおいしいだろうけど、ちょっと勇気がない。

フランスパンが合うと思い、フォーションのバケットを御殿場プレミアウアウトレットで調達。コートを見に行ったはずが、皿とかパンばかり見ていて、時間がなくなった。

Img_0161
パンは、息子が面倒がらず、上手に温めてくれるので、任せっぱなし。とても助かります。
やっぱり鍋、おいしいよね。

2013年10月17日 (木)

デパ地下サラダ風への道

おいしい、でも高い… しょっちゅうは買いにくいデパ地下系のサラダ。

メインディッシュがちょっと貧弱だったり、あっさりし過ぎるようなとき、シーフードやローストビーフや生ハム、鶏肉なんかがおいしそうに載っているデバ地下のリッチなサラダがふと浮かぶときがある。

私にも作れないかなとじっくり観察してみた。そしていくつかの共通点があることに気づいた。

1 動物系のご馳走感のある食材を加えている(ない場合は、使用している食材の種類が非常に多い)

2 淡色系の野菜と緑黄色の野菜を多種類使っている。時には根菜も

3 色のよい野菜や目新しいものを取り入れている

4 玉ねぎやセロリ、バジル、クレソン、パセリなど香味のある野菜を何かしらアクセントとして加えている

5 ドレッシングをひとひねりしている

などだ。

常備している野菜を中心にすれば、わざわざ揃えるものはそんなに多くない。動物系の食材はちょっとめぼしいものを探しておいた方がよさそう。ハムとかベーコンじゃ、あのご馳走感が出ない。野菜も、彩りのよいものを意識して揃えて、香りのあるものも切らさないようにしよう。

そんな心がけをして、以前よりいろいろなサラダを、冷蔵庫をのぞきながら作れるようになってきた。

牛タンサラダ。素直にフレンチドレッシングで。ねぎと胡麻油をきかせている。

Img_8495

ヤリイカのサラダ。ドレッシングはこれはバージンオリーブオイルを使ったフレンチだったなぁ。セロリも入れたと思う。
Img_8611

サーモンのサラダ。新玉ねぎの時期は本当においしいと思う。レモンをきかせて。

Img_8189

小エビのサラダ。ポン酢にサラダ油を加えたなんちゃってドレッシング。青じそを入れたはず。

Img_8578

翌日に食べても、和え物のように味がなじんでおいしいのがいいところ。ちょっと水気を切るけれど。あと、お酒、呼んじゃうんだな。

2013年8月 8日 (木)

旨馬サラダ(うまうまサラダ)

今年、急に定番となった我が家の具沢山サラダ。もともとは小林カツ代さんの本にあったレシピで、何度も作っているうちにラクな方へ、あるものにと作り方がアレンジされ、現在に至っている。本家のものとはだいぶ変ってしまっているようだ。

名前も、カツ代さんの本では「馬のように食べるから」ということが書いてあったが、子供たちに言わせると「旨いから」旨サラダ。

必ず入れるのは、生野菜サラダに欠かせないレタスやきゅうり、トマト、茹でたじゃがいも、炒めたベーコン。歯ごたえのある、青物のブロッコリーやアスパラ、いんげんなどもあるものを。そして大切なのが、茹で玉子とクルトン。チーズもいい。

ドレッシングは、本来はそのたびに作るのだろうけど、私は手抜きレシピ。冷蔵庫に常備してあるマヨネーズとフレンチドレッシングを同割で混ぜ、そこに叩いたアンチョビを隠し味程度に混ぜる。

これを、豪快に混ぜ混ぜに。

ベーコンの代わりにツナもいい。子供が嫌うけれど、ピーマンやセロリ、玉ねぎを最初から加えたい。(我が家では、別皿に分けておき、食べたい人が好みで加えるパターンとなっている)

野菜嫌い、ツナ嫌いの娘が、このサラダならばくばくと食べる。

Img_9223

2013年7月 7日 (日)

7月の恵み

久しぶりに道の駅へ

本来は、ちょっとしたハイキングに行くはずが、目的地の箱根、仙石原は霧で何も見えない状態で断念。近くの道の駅に寄ることにしました。

道の駅 ふじおやまにて。

サニーレタス、サンチュ、ミニトマト2種、おかひじき、春菊、バジル。近くのスーパーでは手に入らない、やわらかくておいしそうな葉物類をごっそり買い込みました。久しぶりに、バジルソースを作ろうかなあ。お浸しやサラダなど、手の込んだものではないけど、ワクワクします。うっかりとこの中に入れ忘れましたが、きゅうりには黄色いきゅうりの花が添えてありました。、いろいろな生産者のきゅうりが並ぶ中から、ついつい選んでしまいました!

Img_8373

もう一箇所、道の駅 山北にて。

実は、ふじおやまで悩んだ末に買わなかったおこわのお弁当が気になり、もう一つの道の駅でみつけたら買おうと立ち寄ることに。 先の道の駅にはなかったものが目にとまり、また買ってしまいました。ヤマモモ、明日葉、エンツァイ。おこわの弁当も買いました。

Img_8371

特に、ヤマモモは甘煮にしたものは食べたことがあったけれど、生は初めて。明日葉、エンツァイも自分で買うのは初めてです。

7月に入って、野菜がぐっと安くなったり、それまで常連だったレンコンや里芋が姿を消して季節の移り変わりを強く感じます。

キウィ、さくらんぼ、モモも手ごろな価格になってきました。

梅雨明けをして、夏も本番。食材のフレッシュなエネルギーを食事に調えて、今週も料理づくり、がんばろう。

2013年4月16日 (火)

春に大好きなもの

気がついたら狂おしいほどに好きになっていたものに、木の芽がある。

Img_7695

この、おいなりさん4つ入るとちょうどくらいのパックにこんもりと入って150円lovely

これを、ご飯1膳分なら片手いっぱいくらいの量をさっと湯がいて細かく刻み、ご飯に混ぜるの。醤油を垂らしていただきまぁすsmile

幸せheart04 道の駅、ホント大好き!

Img_7699

この食べ方は、日本料理の先生から教わったもの。木の芽は、料理の上に一枚、ぺらっとのせるものと思っていた私は、 木の芽の贅沢な使い方とおいしさに驚いたものだわ。

この先生、都内在住なのだけど、料理の撮影の最中に、「ちょっと失礼」と出かけては、10分後に片手いっぱいの木の芽を抱えて帰ってきたこともあった。近所の知り合いの人の庭にある山椒の木から採って来たんですって。

都内の住宅街で木の芽を摘んで、それを撮影に使っているのよ。「都内でもけっこうあるんですよ。料理人仲間も驚くけどネ」と簡単におっしゃる。

なんか、カッコいいわよね。

2013年4月15日 (月)

大根の皮の活用

あまりにもポピュラーな一品だけど、おいしいのでハズす訳にはいきません。

Cimg2100

色気がないけど、大根の皮のきんぴらです。しめじ入り。

あまり気乗りがしなくて作ったことがなかったんだけど、一週間で買うものの量を決めたら、こうした材料も使わずにいられなくなってきました。

作り方はごく普通のきんぴらと同じ。私の場合、胡麻油を炒めて細切りした材料(ここでは大根の皮としめじ)を入れて炒め、材料300gに対し、醤油・日本酒・味醂を各大さじ1を合わせ、それに2倍くらいの水も入れたものを調味汁として鍋に加え、強火で煮ます。途中で和風だしの粉末を指でひとつまみ、パラパラと落として煮詰めて完成です。

これ、大人の味わいです。大根の皮が、ちょっと苦い。だからクセになるし、ご飯の友となります。子供のお弁当に入れられないことが残念!

大根を使うたびに、皮だけをストックし、2本分くらいがたまったら作ります。皮は、1~2週間くらい経っても問題なく使えるのも便利です。

もう一品も大根の皮が活躍。

こちらは、プロから教わったもの。

Img_7667_2

きんぴらよりもっと簡単で、大根の皮を切り揃え、ポン酢に浸したもの。土佐酢でもOK。ひと晩たてばもう食べられる。ちょっと疲れて酸味が欲しいときに、ボリボリと進む。音もよろしいです。

これも、ちょいと大人の味で、子供にお弁当に入れられないことが、ひたすら残念。

プロが作ると…

Img_7701_3   

たかが大根の皮とは見えない美しさ! 庖丁の差が決定的で、別ものだわねcrying 味の構成はおんなじなんだけど。

いまの時季、妙におろし大根とか漬物の大根がおいしくて、生のまま大いに消費中です。

2013年3月28日 (木)

早春の旬の食材は?

献立に旬の食材を意識して取り入れようとしているんだけど、実際のところ取り入れたのは、

アサリとか、新玉ねぎとか、新じゃがいも、芹…

どこかが違う。普段との差がついていない。

もっとも、予算設定にも問題がある。だけど、菜の花298円、国産筍一袋700円なんて値付けを見ると、やっぱり198の●●にしよう、中国産の筍なら一袋100円じゃん、ってなっちゃう。

国産ものの旬食材って、すっかり贅沢なんだわね。

春ということで旬の食材を調べてみると、

蕗、ふきのとう、嫁菜、つくし、にら、小豆菜、うこぎ、昆布、わかめ、あらめ、蛤、しじみ、赤貝、平貝、サザエ、ムツの子、タラコ、真子、鯛…

けっこうあるわ。

仕事で取材した、料亭の旬食材はもっとあるわ。

深山刺草(みやまいらくさ)、鳥足(とりあし)、しどけ、とどき、ぎぼうし、こしあぶら、かじめ、桜だい、メバル、さより、しろうお、にしん、かじか、わらさ、石だい、あいなめ、春告魚…

本当に食べ物???ってなものがゾロゾロよ。

料亭レベルはともかく、家庭料理のレベルで旬を味わうには、山に入って自分で調達する方が早いような気がする。

本来、旬って、出盛りゆえ安いってものだったのに、いまやその定義は成り立たないんじゃないかしら。旬のない水耕栽培ものや温室栽培ものの値段が一年を通して安価で、さらに、消費者が買い物するときの比較するときの基準になってしまってる。限られた季節のものだからこそ高くなるのは、いまの時代、納得しないといけない。高いと感じてしまう自分の尺度が、どこか癪だなぁ。

2011年1月10日 (月)

七草

今年は季節の行事をもう少し重んじて、面倒と思わずに取り入れようと新年に決意いたしました。いつまで、どこまで守れるかは自信がありませんが、まず第一弾は七草粥。…というか、3日も遅れた話題で失礼します。

自分で七草を摘めればよいのですが、残念ながらわからない。こういうこと、やってきてなかった… 仕方ないので、買ってきて広げてみました。しかし、実物を見てもどれが何だかわからない。1パックは400円弱。雑草とあまり変わらぬ野菜がなんでこんなに高いんだと怒りつつ、無知が悪いのだと、子供たちに調べてもらい、それに沿って並べてみました。

Img_6013

Img_6018

ちゃんと7種入っています。が、ハコベラが異様に多い。うーん。どういうことか。ハコベラを調べてみましたが、どうみてもハコベラ。

こんなに 内容に偏りがあるとは…

次回は、願わくば、自分で摘んできたいと思ったのでした。

新年の決意では、なるべくブログもがんばって続けると決めたのですが、タイムリーに更新するにはまだまだ生活改善が必要。ちょっと忙しいとすぐ滞ります。が、コツコツがんばっていきたいと思います。

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31