無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年5月14日 (日)

家事から離れることがプチリッチ

家族3人で朝御飯に出かけた。

下の娘が大学生になり、「もう、自分のことは自分でせよ」と、負い目なく言えるようになった。娘にとって同世代の人は、仕事に就く者あり、親元を離れ自活する者もある。これまでのように、何から何まで親がかりでは、甘やかしである…というのが親側の主張だが、実際は、我々親側も、ますます掛かる学費に合わせて仕事を増やし、「休みの日くらい楽させてくれよー」と言いたいのである。

が、何気にその気配を察する娘は、「明日の朝、私もついていく」とアピールしてくる。
高くつきそう…

ともあれ、3人の朝外食。私にとっては贅沢なものだ。以前から気になっていたすかいらーくが経営する、「むさしの森珈琲店」に行ってみた。

その店に着くまでは、途中、「コメダ珈琲店」があり、「デニーズ」、「マクドナルド」もある。ふと思ったのだが、半年前に見かけたときより、コメダもデニーズも朝食客が少ない。どちらもクルマや自転車で行くような店だから、駐車場を見れば丸見えのようなもの。

まさか…と思いつつ、それらの店から200メートルほどの「むさしの森珈琲店」に到着すると、途中で見かけたライバル店のどこより、クルマもチャリも多い。オープンして数カ月だろうが、とりあえず、朝の時間帯としては地域一番店になっているようだ。

中に入って思ったのは、コメダやデニーズ、マックにない工夫を、後発ゆえにうまく取り入れているということだ。

ゆったりとしたテーブルとチェアからは木製のいい香りがする(まさかアロマということはないよね)。質感もいい。安普請の感じがあまりしない。

店内には、ぐるりと、いったい何十種類あるのだろうという他種類の雑誌類。ファッションや料理、ナチュラルライフなど、ジャンルが広く、子ども向けの絵本もあった。囲まれているだけで、贅沢な気持ちになっちゃう。

そして、ここが一番違った。客層が若いのだ。若いファミリーが多く、デニーズ、ガストで多く見られる、子どもが巣立って時間があるだろう中高年が主役ではない。

メニューは、正直言って、ちょっとお高い。単価は700円くらいだろうか。だけど、トーストのバターがたっぷりだったり、コーヒーは2杯分あったり、付け合わせの野菜にルッコラや水菜など、レタスやキュウリの姿がないなど、ちょいとお洒落で納得してしまう。家ではなかなか実現できない、プチリッチさを、しつらえやメニューから、感じさせていることがいいのだと思う。

子どもたちの元気な声が響いて、静かでゆったりといった雰囲気とは違うけれど、子育てに仕事に忙しい母たちはきっと気分転換になっているだろう。子どもたちがあのくらいの年頃は、朝ご飯はマックに行くくらいしかなかったなぁ。

自分の子育て期に比べて、変わらずに、いやそれ以上にママたちは忙しくなっていると思う。子どもに手がかかるのは相変わらずだし、部活やら塾やらPTAやら、親の負担は軽減傾向にあるものの、だからといってヒマにはならない。子どもにかかるお金は、増えても決して減りそうになさそうだから、仕事もしなくちゃと思うし、ラインやSNSなんかの人づきあいも、楽しいながらもけっこう時間をとるものだ。

ときには気分転換、日常の家事からちょっと離れてリフレッシュ。
自分もそうだけど、仕事を増やして稼ぎも少し増えると、がんばっている自分のリフレッシュ代に、少しくらいと、財布のひもは緩む。気付けば、以前には買わなかったお総菜をときどき買ったり、ちょっと高めの野菜はフルーツ、肉など、少しずつプチ贅沢に手をのばしたり、余分な雑誌を買ったり…。

政府が推進する女性活躍のスローガンは、よく働き、よく使え、いろいろな産業にお金を循環させよというメッセージでもあるんだろうナ。

ああ、今日ものってしまった。

2015年7月 9日 (木)

健康は、自分で作り出すもの

年に一回の歯科検診に行ってきた。

検診は、どうしてこんなに毎回気が重いのだろう。予約を入れるのにエネルギーが要る。幸いに大きな問題点はなく、行ってよかったと、これほど心が軽くなるものもない。ほっとしたのと同時に、歯科医である友人の話が、とても印象に残った。

女性は、閉経したあと、骨が弱くなりやすく、歯も影響を受けやすいこと。

歯の健康には、バランスの取れた食事や適度の運動が大切なこと。

そして、適度に日光に当たることが、歯にも大切だということ。

歯をきちんと磨くということはよくわかっているつもりだけれど、もっと生活全体、そして人生全体を見渡して、自分の健康を考える機会が大切だなぁと思う。

つい先日、ニュースで、いまの若い女性の栄養摂取量が、食料不足だった終戦直後の状態より悪いと知り、いったいどうなっているのかとびっくりした。痩せ願望が、ますますエスカレートしているようなのだ。痩せて美しく見られたいという気持ちはわからなくはないけれど、けれど、けれど…なのだ。

いま更年期という、自分では抗えない自分の体の変化に向き合っている身としては、いかにここから、人生後半の約30~40年間に健康をキープするかが大切なテーマだ。更年期だけでなく、思いもかけないことで体を傷めたり、体力が落ちていたり、体の衰えを実感するのは日常茶飯事。

あと30~40年って、けっこう長いものだ。それを、若い時期に健康をそこねるような体の作り方をしてしまったら、女性の人生の後半、いやいやその前に、出産や授乳という自分ではコントロールしようのないイベントのときに、ベストの状態に持っていけなくなる。

若いときのコンプレックスは辛いものだけれど、無理することでそのあとに取り返しがつかないことが起こる可能性があることを、きちんと教えなければいけないんじゃないだろうか。

結婚しているもののキャリアを優先して子供を産むことを40歳以降に人生設計している人の高齢出産や不妊問題が話題になったとき、私はとても違和感を持った。自分の体であっても、予定どおりに妊娠するか出産できるかは、本人だってわからないことなのに、どうして予定通りにいくと思えるのだろう。周囲に数人は不妊の悩みを持つ人がいるものだ。そういうことを知れば、妊娠は20代で健康だからといって、自分の望むようにいくものではないと学ぶと思うのだけれど。

結局は、自分で考える力や、疑問に感じる力が育たないと、周囲の価値観に振り回されてしまう。

友人も、多くの人は、日光に当たり紫外線を浴びるのは体に悪い、皮膚ガンになりやすくなる、シミができるから悪とすぐ思ってしまうらしいと言っていたが、実は私もその中のひとり。実際は、極端な場合や、人種的に日光に弱い場合は注意が必要ということらしい。

根拠もよくわからないまま、常識と思い込んでいることを考え直す必要が、いろいろな面でありそうだ。健康は自分で守り、維持していくものだと思うから。

2015年6月11日 (木)

同窓会にて 理系男子のその後

FBで連絡を取るようになったことがきっかけで、高校時代の同窓生と、10人ほどで集まった。

中には、高校時代にヒトコトも話をしなかった人、イマイチ記憶が飛んでいる人もいたのだけれど、同じ場所で同じ空気を吸った間柄か、共通の話がザクザク出てきて、あっという間に打ち解けることができた。

とりわけ、理系男子で目立たなかったタイプの男子たちの豹変ぶりが衝撃的だった。

当時はシャイで、ちょっとイケてなかった感のある彼らが、仕事でもまれ、全国を動いて行動力をつけ、家庭では奥さんに鍛えられ、体を鍛え、話題豊富で饒舌で気配りのあるミドルエイジに変身している。

理路整然とした話しぶり、気配りぶりは、これが高校時代だったら、きっとモテたであろう資質だ。あのときは気付かなかったなぁ。みんなヒョロヒョロだったし。

彼らによると、女子のいない理系クラスの2年間は、ひたすらわびしく、楽しみが少なく、カッコつける目的もなく、クラスの連帯感もなく、同窓会に行ってもクラス単位の席では暗いだけで辛い思い出ばかりだそうだ。半分ホロリとさせられつつも、いまでは抱腹絶倒のネタばかり。

今日はスゴく楽しそうだよ、きっと、こういう再会を存分に楽しむために、あのときのジレンマがあったんだよなんて、なぐさめにならないけれど、しっかり挽回してる!

自分だって、十代の頃の自分が、いかに行動半径が狭く、思い込みに満ちて、いろいろな人と知り合いになろうという思っていなかったことか。お互いトシとったと思いつつ、再会を喜び、お互いの変化を認め合い、再び友人としてやりとりできる機会を得たことは、ずっとほしかったものをサプライズでもらったようなものだ

みっともない失敗が多くて、自己嫌悪が多かった高校時代だけれど、高校時代にとりこぼしたことを、いま、少し笑いながら拾える気がする。

2015年5月 1日 (金)

進化する書店にエール

しばらく買っていなかった料理の月間専門誌が、ようやく待望の特集をやると聞き、発売日当日に近所の書店に行った。

が…ない。ない。雑誌自体がない。いつもあったのに。店員さんに確認すると、その書店で売り上げが少ないことから配本があまりないのだという。

書店で雑誌を手に取り、匂いをかいで買いたかったので、電車に乗ってとある大型書店に行ったが、やはりない。神奈川西部の期待の大型書店なのに! 店員さんに尋ねたら、そこではそもそも扱っていないのだと言われた。

大型書店(確か売り上げは国内で4位だった)の規模であれば、取次に配本を断る権利があるのだろうか、大型書店であれば、ジャンルは広く、多くの種類の本・雑誌を揃え、並べてあるものではないかと思っていたのだが、どうやら私が浦島太郎化しているらしい。しかし、考えてみれば当然かも知れない。

データ化やデータ分析が進み、売れる売れないがはっきりとわかれば、売れる可能性が低いものは、切られても仕方ない。

もはや、こんな本がありますよ~とカタログ的に出版物を並べていた時代ではないんだなぁ。毎日のように新刊が届く書店では、一年に数冊が売れるか売れないかというタイプの本は、レギュラーの場所は確保できないだろう。

自宅で調べれば、アマゾンで新刊ばかりでなく中古も入手可能。図書館のオンラインを利用して予約すれば、県内中のからタダでたくさんの本を読める。

その一方で、近所の書店で、自分が直接手にしたい本に触れ合えにくくなったわけだけれど、書店が、個性を示し始めている。その書店独自のフェアや工夫したポップやランキング。カフェや読み聞かせ。子供コーナー。売りたいものや力を入れているもののアピールは、小売ならば当然のことだった。

今回は、結局はアマゾンで買った。交通費はかからない、中一日で届く。レビューを参考にしたり、類似本があればより希望にあったものをチョイスできるから、その便利さや恩恵は計り知れない。

しかし面白いことに、以前より図書館を利用したり中古本を買うことが増えているのと同時に、そうやって浮かせた分、どうしてもほしい本を手に入れ、蔵書は減ってはいない。

憂うよりも、生き残っている書店が売り込む本に、もう少しおおらかに関心を持とうと思う。時には電車賃もかけ、書店から発する情報を楽しもう。これまでになかった出会いが、書店から始まることに価値を感じて。

1219627

日本料理の特集、待ってました!

2015年2月 5日 (木)

縁会

縁会? 宴会?

ちょっと誤字とも思われかねないこの表現。いま短期間ながら上映中の、
中島みゆきさんの、コンサート映像だ。久々にTV以外で歌う彼女を見た。

かつて、30年くらい前だろうか、コンサートに行った頃は、彼女独特の重い、暗い、その一方でヒョウキンなキャラクターの落差を楽しんでいたけれど、いつの間にか、重くて暗い世界が、ひとまわりもふたまわりも厚みを増して、やさしく人を励ますような包み込む世界に一変してた!

ヒット曲を中心にしながらも、“時代”や“泣きたい夜に”、“化粧”などの古い歌も歌ってくれて、その甘くてやさしい声に、心が包まれちゃったよ。

自分の世界を作り出して人に伝え続け、時には励ましたり、時には怒りを表現していることに、改めて敬意を表したい。

このところ彼女の歌になんか縁があって、“キツネ狩りの歌”が好きという人の話を聞いたり、“ほうせんか”が好きという人がいたり。うん、斉藤和義クンの“蕎麦屋”も、すごくいいし。

いつも思う。歌はタイムマシン。その歌が流れていた、一緒に歌った時代に、さっと瞬間移動してしまう。

そのことが嬉しかったり楽しかったりすることがあれば、反対に、なかなか忘れられない思いを呼び戻して、立ち止まってしまうようなこともある。

けれども、彼女のますます円熟していく大人ぶりを見て、辛いことを自分から掘り下げたりなんかしないで、前を向いて、彼女の世界を楽しまなければもったいない、という気になった。

2015年2月 2日 (月)

存在感のある、一つのある結末

連日のイスラム国のニュースが、最悪の状況を伝えて一つの区切りを告げた。

自己責任を飲み込んで単身で危険な地に赴いた後藤氏。いま、マスコミからは彼を英雄視するような情報や記事が次々と伝えられている。それと同時に、政府の対応や後藤氏自身への批判もあふれ出したかのように文字が躍っている。

私は無力感を強く感じていて、なんか、今日は落ち着かない。

彼の行動は、いくら自己責任であってもどうなのだろうと思ったり、しかし、個人の志を摘み取ることもできないだろうと考えたり。

今年の大河の「花燃ゆ」を見ていて、吉田松陰という人の気持ちの強さ、信念の太さに、ドラマながら関心しているところだけれど、人が、こうしたい、ぜったいこうする、と思う気持ちは、何と強いものだろうと思う。それを持ち続ける人は、いったいどういうきっかけがあったのだろうと思う。

彼は、そんな、信念を持ち得る人のひとりなのかも知れない。

彼の行動や判断は、イスラム国という相手や、日本の立場を関わりを考えるとなんと言っていいのかわからない。でも、自分にはやりたいことがあり、伝えたいことがあるのだという意思があったから、命をかけてまで危険な場所に行ったはず。

それは、もっと、大変な状況にある国に関心を持って、どうしたらよいか考えて欲しい、力を貸して欲しいというメッセージなのだろうか。

ご冥福を祈ります。

2015年1月29日 (木)

校了作業が革命的にラクになった

取り組んでいた仕事が、ようやく校了。

それなりに長年この仕事をしているけれど、今回は、校了作業があっけなくて、本当に驚いた。

いつもなら、早く出社し、校正紙に線引いて、折り頁を入れて、折ったり、切ったりして見本も作ってと、数時間かかる細かい作業があり、また、直すところを書き込んだりチェックしたりして、作業に張り付いて、これにまた数時間かかって、夜、印刷所の担当者の受け取りを待つ状態だった。

それが今回は、ほとんどない。

出社することなく、家で、直すところをファクスで送信し、PDFで確認し、最終確認して担当者にOKを伝えたまでだった。

細かな作業は印刷所がやってくれ、直しの指示は、デザイナーが用意したものを添えればいいだけ。だからわざわざ出社する必要がなくなったのだそうだ。

毎回、何時に帰れるかわからないという張り付きだった校了作業が、ひとりあっけなく、午後イチに終了していた。この数年で、約20年くらい続いていた校了作業がどんどん負担が軽くなっていったけれども、昨日、革命が起きたかのように、ひっくり返るほどにラクになった。

まぁ、本来の、内容をチェックするという仕事は、相変わらずアナログな世界で変化なく、精度がなかなか上げられないのだけれども…

ヘンだよなぁ。言葉の統一とかヘンな文章はPCでチェックがラクになったハズなのに、ケアレスミスというものは、嫌がらせのように、絶対なくならない。

ともあれ、無事に終わった。週末は乾杯です。


2015年1月17日 (土)

遅めの初詣

一週間遅れの初詣に行ってきました。元旦を逃してしまい、時間が経ってしまった。近所の山の山頂にある、小さなお社です。標高230Mほどで、山と呼ぶにはおこがましいですが、ここを毎年登り、湘南の海を見下ろし、野鳥に出会うのが、私の好きな初詣。

Img_4219

Img_4220

山頂はちょっとした公園になっていて、野鳥の水浴び場兼観察場が設置されています。

今回は、二人の方がすでに観察に来ていて、母よりは若いかなというおねえさんのご婦人が、小学生のように嬉しそうな顔をして、どんな野鳥が私がいない間に訪れたかを報告してくれます。

野鳥と出会うとき、私もきっとそんな顔してるのだろうと思います。

メジロ、山ガラ、コゲラ、ツグミ、アカハラなどに会えました。特には珍しくない野鳥だけれど、何度見ても飽きない。

Img_4238

帰り道、里山で、小型の猛禽を見ました。

Img_4254

トビのように旋回することなく鋭く飛び、カラスほどの大きさ。尾がまっすぐで、トビじゃない! トビ以外の猛禽はまだわからない私にとっては、感激の出会いです。

調べた結果、どうやらアカハラダカのようでした。

この里山には、オオタカ、チョウゲンボウ、ノスリなど5~6種類の猛禽がいるそうです。
今年は、見分けられるようになりたいなぁ。


2014年12月21日 (日)

すっきり&どんより

このところ、これまでになく気分が滅入る。特に朝は絶不調。我ながらブサイクに不機嫌で、周囲に迷惑とわかりながら、態度を変えられない→自己嫌悪、の悪循環。これがいわゆる更年期かしらと、思い当たる病名(病名というより、現象だけど)をつけて、家族には自分の正当性を触れ込んでしる。

そんなこんなの先日、室井滋さんのインタビュー番組を見た。いつも表情豊かで明るくて、生活観があるんだかないような室井ワールドは底抜けに楽しい。不機嫌なんか無縁そうなヒトだなって思っていたら、ある理由によって不機嫌になり、周囲が迷惑を被っているらしい。

耳を傾けていると、その理由とは、「お腹がすくこと」 …… 。インタビューによると、お腹がすくと、もうダメ、なんだそうだ。そのため、楽屋に入るのも、充分食事タイムを取ることを計算した上でだそうで、化粧の時間は必要最低限しかとらず、逆算して準備するのだそう。

アハハハ…と思いっきり笑っていたら、ふと、自分に思い当たることがあった。

私が極端に他人との違いを感じるのは、睡眠時間だ。多少おなかがすいてても、おいしいものが食べられなくても大丈夫。そのヘンは室井さんとは違うけれども、睡眠時間が短いと(7時間以下)、もう、ダメよダメダメ~。周囲に迷惑とわかっていても、アウトオブコントロールで、私は感知しない。

そうだったのか、この半年、異様に私が機嫌が悪いのは睡眠時間問題を解決できていないからだったのか。

今年から家族のお弁当準備の関係で、これまでの人生で最も早起きをする、5時半起き生活へと変わり、とにかく、辛くてしようがない。土曜もそれがあり、週休二日だった身にはダブル攻撃。早く起きることに加え、夜更かしできないことがなおさら辛い。

10代、20代に存分に楽しんだ夜更かし好きはもう変えられないのだろう。ちっとも習慣が変わらない。それどころか、今日、久しぶりに「おなかすいた、朝ごはんまだ~?」と私を起こす夫が不在で、たっぷり寝れると思ったら、朝8時に夫から(くだらない用事で)電話。睡眠を中断されたことにハラが立った。その時点ですでに8時間は寝ていたのだが、まだ眠れる。まだイケル。とにかくヒトに起こされたくないのだ。きのうの夜の映画、サイコーだった。

加齢とともに睡眠時間が短くなるなんて、嘘ばっかし!!!!! 半分怒りつつ、半分、睡眠と夜更かしがハッピーの源である体質を納得するしかない。

書いていると情けない限りだが、室井さんのおかげで、人間にはそれぞれ、得意不得意があるんだ、多少迷惑をかけようとも、よいところを発揮すれば、お互いさまでやっていくしかないんだと納得している自分がいる。もちろん、本人なりに配慮はしないといけないと思うけれど。

が、5時半に不機嫌ではなく起きるには、9時半就寝が必要だ。それでは夜更かしはできない。両立の道は遠い。このジレンマ、確実にあと3年強続く。しかし、あと3年と思ってがんばる。

2014年12月 7日 (日)

なくなるもの、増えるもの

いつの間にかなくなっているもの…

私の場合、お弁当用の繰り返し使えるタイプのカップが代表。今日も、アレアレ?と忙しい朝の時間に探し回りました。

きっと、また、流し台のごみ受けに落とし、そのまま捨ててしまったに違いありません。

気づかずに捨ててしまったドジには少なからずがっかりだけど、補充がきくことだし、100均で買えるのだからたいしたことではありません。

ですが、いつの間にかなくなっているもの、として、流せない問題が、アラフィフに突入して日々に出没しています。

髪のツヤ

明るい顔色

一度で覚えられた記憶力

書類を書くときに困らない視力

次々出てくるぅ

しがみついているつもりじゃないけれど…

じゃ、逆に、いつの間にか増えているもの。

ネットに溺れる時間

白髪

シワ

肌の乾燥

同じ話を繰り返してしまうこと

イヤイヤ、こんなんばっかり。

少しはよいものもあります。

他人の立場への思いやり

とか、

高齢者へのいたわり

とか、

健康への感謝

とか、

他人の親切への感謝

とか

子供たちの人間的成長

とか。

こうして比べてみると、

自分のことばかり考えると減っていくものが多い。

他人との関わりに注目していくと、増えていくものが多いみたい。

そして、若いときを基準にしていたら、失っていくものばかりになってしまう。

ミドル世代である自分を認めて、いつくしんで、手元にあるものやできるものを大切にしていく姿勢でいないと不満だらけになってしまいます。まだまだ数十年もあるというのに。

自分で、こうありたいと決めていかないと、ね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31